人事辞典 掲載日:2018/12/17

【ヨミ】ハンテンジュギョウ 反転授業

「反転授業」とは、従来の授業形態を「反転」させた学習スタイルのことを指します。従来の学習ではインプットを授業中に、アウトプットを宿題として行っていました。しかし、「反転授業」ではまさにこの逆。インプットを家庭で、アウトプットを授業中に行うのが特徴です。具体的には、事前に家庭でeラーニングなどを用いた学習を行い、学校では通常宿題として取り組むような演習やディスカッションに時間を使います。2000年代にアメリカ国内で始まった試みで、国内でも東京大学をはじめとする複数の教育機関が導入。企業研修にも活用できるとして、注目を集めています。

反転授業のケーススタディ

少しずつ導入が進む反転授業
知っておくべきメリットとデメリット

従来行われてきた授業はインプット中心で、一方的に知識を付けさせることに終始しがちでした。しかし反転授業では、もっている知識を「どうやって生かすか」に焦点が当てられます。授業をアウトプットの場として活用することで、教師が生徒・学生の能力や特性に気付きやすくなり、一人ひとりのレベルに応じた学びを提供できるようになります。

また、授業時間に座学で教える場合、理解できない箇所があっても、周囲の目を気にしてそのままやり過ごしてしまうことが少なくありません。これに対して、家庭での学習ではPCやタブレット、スマートフォンなどで映像教材を視聴するため、分からない箇所があれば巻き戻し、理解できるまで繰り返し学ぶことが可能です。反転授業を行うことで、学習の “漏れ”を防ぐことができるのです。これにより、実質的に生徒・学生の学習時間を増加させ、学習の進度を早めることができます。また、学んだ知識を使う機会を提供することで学習意欲が向上し、学習の質を高めることもできます。

こうした反転授業の概念を活用し、eラーニングでの個別学習と集合研修を組み合わせて行う企業も増えています。eラーニングは集合研修と比べて時間や場所の制約を受けづらいというメリットがあるため、従業員には空いている時間に好きな場所で事前学習をしてもらうことができます。さらに、その内容を生かした集合研修を行うことで、eラーニングだけでは学びきれない、より実践的なスキルを身に付けることが期待できます。

このように、メリットの多い反転授業ですが、デメリットや注意点にはどのようなものがあるでしょうか。まず反転授業は、予習として事前に授業の内容を学習してくることが前提。そのため、ここをさぼってしまうとアウトプットの時間が全く意味のないものになってしまいます。特に義務教育の子どもを持つ保護者は、しっかりと子どもの学習を監督しサポートすることが必要です。また、反転授業を企業研修として実施する場合にも、受講者が事前課題を忘れないようリマインドを行ったり、受講期間として無理のない日程を組み立てたりといった配慮が重要です。

さらに、家庭での学習環境整備にも課題があります。日本では約8割の家庭がインターネット回線を導入していますが、容量の大きな映像を視聴するには、受講用の端末の配布など、円滑に学習に臨める環境を整えなければならない場合もあります。

導入の課題も多い反転授業ですが、活用できれば大きな効果が期待できます。限られた時間の中で学習の効果を最大化するためにも、学校や企業にはこうした手法を積極的に取り入れる姿勢が求められるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード