企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
企業人事部 人事労務・管理
掲載日:2015/04/02

ビズリーチ、社内制度「クリエイターズタイム」を導入
エンジニアやクリエイターなどの業務における生産性向上をサポート

⼈材領域や教育分野などのインターネットサービスを展開する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社⻑:南壮⼀郎)は4月1日、エンジニア職やデザイナー職といったクリエイターがより業務に集中し、パフォーマンスを発揮するための「クリエイターズタイム」制度を導入いたします。本制度は、社員が集中して仕事に取り組むために、連続して最大4時間まで業務に集中する時間をオフィス内で確保できるものです。

当社では、社員の約4割がエンジニア職やクリエイター職を占めており、今までも業務に集中し、クリエティビリティを最大化するためのオフィス設計などに努めてまいりましたが、今後も「クリエイターズタイム」制度といった取り組みを通じて、業務生産性向上などクリエイターが働きやすい職場環境の向上を図ってまいります。

 


■「クリエイターズタイム」制度について

1日最大4時間の連続した作業時間を確保できる制度です。その確保した時間内では、緊急かつ
重要な以外は、他の社員も話しかけることはせず、また本⼈の了解なしに社内外のミーティングも入れないこととします。まとまった作業時間を確保することで、業務効率の向上を目指します。

 

株式会社ビズリーチ 取締役CTO 竹内 真コメント

「当社は、2009年に管理職・グローバル人材に特化した会員制転職サイト『ビズリーチ』のサービスを開始しました。2014年にはレコメンド型転職サイト『careertrek』も開始しています。インターネットカンパニーとして、世の中に新しい価値を創造するにはエンジニアやクリエイターが業務に集中できる環境と時間は必須といえます。例えば30分の隙間時間が1日に8回あっても、全く仕事は進みません。同じ4時間でも連続した時間と隙間時間では全く効率が異なります。私自身、エンジニアとして活動するなかで、クリエイティブな作業は隙間時間にできるものではないと感じていました。「クリプトノミコン」などの作品で知られているニール・スティーヴンスンも『まとまった4 時
間でなければ仕事にならない』と述べています。今回の制度導⼊は作業時間に関する制度ですが、今後も当社社員がより作業しやすい環境向上に努めてまいります。」

 

■ビズリーチが提供するオフィス環境
 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ビズリーチ 広報室 担当:伊藤・田澤・寛司(ひろし)・堀辺
Tel:03-6450-5166 Fax:050-3737-5003 Email:press@bizreach.co.jp

 

(株式会社ビズリーチ http://www.bizreach.co.jp/ /4月1日発表・同社プレスリリースより転載)

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人事労務・管理(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会