無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2012/03/02

アルー、海外赴任および長期海外出張経験者意識調査
~海外実務経験者が語る「グローバル人材の要件」~

この度、グローバル人材育成について考えるために、アルー株式会社(代表取締役社長 落合文四郎、 東京都千代田区)は、従業員数500名以上の企業にて、「海外赴任」、または「3ヶ月以上長期海外出張」経験がある22~59歳の正社員300名を対象に、意識調査を実施しました。


【 調査結果概要 】

今回の調査の結果、日本企業における人材のグローバル化に対する現状と課題が明らかとなりました。

まず、「海外での実務経験が自身の成長のプラスになっているか」について質問しました。その結果、ほぼ全員が「成長のプラスになっている」と回答しました。また、「海外赴任前に課題に感じていたこと」については、1位「語学力(英語)」、2位「コミュニケーション力」となりました。続いて、「海外実務経験後、赴任前に比べ向上したこと」の質問では、1位「異文化理解」という結果となりました。さらに、「海外赴任前の課題」と「経験後向上したこと」を比較すると、「異文化理解」、「多様性受容」、「自国文化理解」に加え、「思考力」、「課題解決力」が数値を伸ばしていました。このことからグローバルビジネスにおいて、「語学力」だけではなく、「異文化対応力」、「ビジネス基礎力」が求められる海外実務の現状がうかがえる結果となりました。また、「海外で仕事をする際、『日本』との違いに苦労したこと」の質問では、「働き方・仕事の取り組み姿勢の違い」や「あうんの呼吸が通用しないコミュニケーション」に苦労したとのエピソードが多く寄せられました。

次に、「自社の人材のグローバル化が進んでいるか」を質問しました。その結果、約半数が「いいえ(人材のグローバル化が進んでいない)」と回答しました。また、その理由については、「海外要員の固定化・経験者不足」、「グローバル化に対する危機意識不足」など、グローバル化に向けて環境や体制づくりができていないとの理由が多くあげられました。さらに、「『人材のグローバル化』を進めていくために、会社でどのような施策が必要か」の質問については、「海外実務を経験させ、実践で対応力を鍛える」、「異文化理解・グローバル感覚を身につける海外研修の実施」など、実際にグローバルビジネスや異文化を体感させることが必要との声が多数あがりました。

これからの国際競争を勝ち抜いていくためには、グローバル戦略に適した人材を計画的に育成し、プールしていけるかが鍵を握ります。そのためには、企業がグローバルビジネスや異文化を経験させる機会を意図的に用意するなど、流動的にグローバル人材を輩出できる環境と仕組みづくりが重要となります。海外要員の固定化・従来のやり方にとどまることなく、いかに柔軟にグローバル化に対応していけるかが、今後の企業のグローバル戦略実現を大きく左右するのではないでしょうか。


【 実施要項 】

■ 調査期間 : 2012年2月14日(火) ~ 2012年2月15日(水)
■ 対 象 層  : 海外赴任および長期海外出張(3ヶ月以上)経験者


【 調査結果抜粋 】

● あなたは、海外での実務経験が、ご自身の成長のプラスになっていると思いますか。
・「はい」  98.0%
・「いいえ」  2.0%

● 日本企業が「人材のグローバル化」を進めていくために、会社でどのような施策(研修・制度・環境など)が必要だと思いますか。海外実務のご経験からアイデアをお聞かせください。
・1位 海外実務を経験させ、実践で対応力を鍛える
・2位 異文化理解・グローバル感覚を身につける海外研修の実施


◆ 本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社アルー http://www.alue.co.jp/ /3月2日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。