無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス その他人事サービス
掲載日:2011/01/20

ゼータ、「iPhone/iPod touch」対応 『i 模試』 リニューアル!
新UI&機能追加で、「気をつけよう!日本のビジネスマナー(英語&日本語)」リリース開始

『i 模試』は、株式会社ゼータがお送りするスマートフォンの機能を活かしたアプリケーションです。基本的に画面をタッチするだけです。あまり難しく考えなくても感覚的・直感的にタッチしていただければ、思い通りに操作できると思います。基本的なiPhone / iPod touch の操作をご存知の方ならば難しいものではありません。

まずは実際に触れてみてください。

まるで実物の書籍を読んでいるかのような感覚。参考書にマーカーペンを走らせる感覚。どなたでもごく自然に受け入れることができると思います。

従来の「i模試」は、「ラインマーカー機能」が特徴でしたが、さらに機能をアップし、

・フォント機能
・ブックメニュー機能

についても対応しました。

3色の色分け機能で、要点の整理が「ブックメニュー」で簡単にできます。しかも、解説部のフォントサイズ変えてもマーカーはずれないので、自己学習の環境にあわせて復習時も便利です。

今回は、日本企業にとって無視できない

「社内英語公用語化」

に特化したモノです。

(日本語解説)-----
今の日本は、「楽天」、「ユニクロ」等の社内英語公用語化という流れになっています。米国だけでなく、アジア圏においても社内英語公用語化は無視できない状況です。

そこで、大好評の渡瀬 謙 氏によるオリジナルコンテンツ「できる大人のマナー」の

・初級編
・中級編
・上級編

から、ビジネス問題を選定し、5つのシチュエーションに分け、日本語と英語での完全対比を行いました。

社内英語公用語化の流れの中、日本人が日本のビジネスマナーを英語で理解するもよし、英語が分かる外国人の方が、日本企業の不思議なビジネスマナーを理解するもよし、いろいろな角度から日本企業を再発見して頂く、コンテンツです。

日本企業でのビジネスのあらゆる場面に役立つ、あんなことこんなこと・・・。今まで気がつかなかった心遣いや日本での処世術、いまさら聞けない日本の社会人マナーなど、外国人のビジネスマンからみた不思議な内容で、本アプリが日本企業を乗りこなすための必携アイテムとなります。
------(ここまで)

(英語解説)-----
If you are going to successfully work with Japanese business or work in a Japanese company, what should you know about Japanese culture and business practices?  You may encounter many differences in Japanese business etiquette from the normal business etiquette in your native country. Before you make critical mistakes that may damage your relationships with your Japanese business partners, you should learn what the appropriate business practices are in Japan.  This program is for those who want to successfully build relationships and work with the Japanese business community.

Based on our popular, original publication  “Japanese Business Manner : Level 1, Level 2, Level 3” written by Ken Watase, we carefully selected some of the more important subjects for people who want to learn Japanese Business etiquette.
------(ここまで)

購入は、 「App Store」で簡単にダウンロード可能。

*検索キーワード:
「社内英語公用語化」、「社内英語公用化」、「社内英語」、「英語公用化」、「マナー」、「ビジネス」、「ビジネスマナー」、「スキルアップ」、「就活」、「就職活動」、「社会人」、「営業」、「模試」、「Japanese Business」、「Japanese Business Manner」、「Japanese Business Etiquette」

で検索すれば、すぐに見つかります。

詳細は、

「i 模試」サイト
 http://www.zeata.co.jp/svs/imoshi.html 

「気をつけよう!日本のビジネスマナー」サイト
 http://www.zeata.co.jp/svs/imoshi/japanesebiz.html 

をご覧ください。

また、iPhone / iPod touch からは、以下のURLで該当のページを呼び出すことが可能です。

気をつけよう!日本のビジネスマナー
http://itunes.apple.com/jp/app/id414464147?mt=8&ls=1 

なお、新規コンテンツは、教育、ビジネス、医療、IT などのジャンルを問わず、読者の皆さんからの要望に応えて、随時進化させながら、「App Store」にアップしていきます。


株式会社ゼータ http://www.zeata.co.jp//同社プレスリリースより転載

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。