無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
書籍 雇用・採用
掲載日:2022/06/24

『知らないと損する 労働法の超基本』(石井孝治:著)日本実業出版社より刊行

株式会社 日本実業出版社(東京都新宿区)は、新刊『知らないと損する 労働法の超基本』(石井孝治:著)を発売します。 テレワークや時短勤務など働き方が多様化するなか、“働き方のルール”である労働法も少しずつ見直されています。働く側も雇う側も、きちんとした知識をもたないとトラブルになることも…。本書は、賃金や労働時間、休暇など、身近なテーマを題材にストーリー形式で解説していく入門書。これから社会に出て働く人や働きはじめたばかりの新入社員、いまの労働環境に疑問や悩みのある人、総務・人事・労務の担当者や管理職、経営者など労働法の知識が必要な人に役立つ一冊です。


■内容紹介

労働時間、賃金、休暇…身近なテーマごとに解説

テレワークや時短勤務など働き方が多様化するなか、“働き方のルール”である労働法も少しずつ見直されています。

たとえば「育児・介護休業法」。出産・育児あるいは介護と仕事の両立を支援する制度で、4月から改正法が施行されました。制度の利用には、本人の申出はもちろん、各種手続きが必要で、働く側も雇う側も、知識のアップデートが不可欠です。

本書は、そんな“知っているようで知らない労働法”を、労働時間や賃金など身近なテーマごとにストーリー形式でわかりやすく解説します。


“働き方のルール”がストーリー形式でサクッとわかる!

舞台となるのは架空の「長谷川フーズ株式会社」。主人公の白石ツバサが、転職先として、その会社の採用面接を受けるところからストーリーははじまります。

はたして、新しい職場でツバサは安心して働き続けられるのでしょうか。

「労働時間はどうやって決まる?」「給与明細の見方がわからない!」「仕事と家庭の両立支援にどんなものがある?」「ハラスメントはどこからアウト?」……

そんな疑問や悩みを抱え、同僚や先輩との対話を通して学んでゆく主人公と共に、労働法の基本的な知識が身につく一冊です。


■本書の概要
知らないと損する 労働法の超基本
著者:石井孝治
発行日:2022年7月1日
価格:1,540円(10%税込)
ISBN:978-4-534-05934-5
ページ数:272ページ
判型:四六判 並製/タテ組
発行:株式会社 日本実業出版社


■目次(一部抜粋)
第1章 労働条件を聞いていないのですが……
第2章 これって労働時間じゃないの?
第3章 給与明細はナゾだらけ
第4章 ハラスメントはどこまでセーフでどこからアウトなのか?
第5章 仕事と家庭の両立で悩んでいます
第6章 仕事と家庭を両立できる制度
第7章 新しい働き方の行方
 

■著者プロフィール
石井 孝治(いしい こうじ)
社会保険労務士、人事コンサルタント
広島総合社会保険労務士法人代表社員。1970年広島県呉市出身。現在、広島を拠点に、スタートアップ企業から上場企業まで幅広く人事労務サービスを展開している。著書は、『労働法のキモが2時間でわかる本』『社会保険・年金のキモが2時間でわかる本』(以上、日本実業出版社)、『介護現場の雇用トラブルQ&A80』(日総研出版)、『適年から移行してはみたものの…どうもダメな会社が読む本』(共著、日本法令)、『社長! 御社の退職金制度はこのままで大丈夫?』(アニモ出版)等多数。
 

◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。
(株式会社 日本実業出版社/ 6月発表)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。