企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 行政・法律
掲載日:2020/08/04

「令和元年度雇用均等基本調査」結果を公表

厚生労働省は、このたび、「令和元年度雇用均等基本調査」の結果を取りまとめましたので、公表します。
「雇用均等基本調査」は、男女の均等な取扱いや仕事と家庭の両立などに関する雇用管理の実態把握を目的に実施しています。令和元年度は、全国の企業と事業所を対象に、管理職に占める女性割合や、育児休業制度や介護休業制度の利用状況などについて、令和元年10月1日現在の状況を調査しました。


【企業調査 結果のポイント】(カッコ内の数値は各設問における前回調査の結果)

■管理職に占める女性の割合
管理職に占める女性の割合は、部長相当職では6.9%(平成30年度 6.7%)、課長相当職では10.9%(同 9.3%)、係長相当職では17.1%(同 16.7%)となっている。

■昇進者に占める女性の割合
新たに管理職に就いた昇進者に占める女性の割合は、部長相当職では7.6%(平成27年度 8.0%)、課長相当職では13.6%(同 12.1%)、係長相当職では23.1%(同 20.6%)となっている。


【事業所調査 結果のポイント】

■育児休業取得者の割合
女性:83.0%(平成30年度 82.2%)
男性:7.48%(平成30年度 6.16%)
※平成29年10月1日から平成30年9月30日までの1年間に在職中に出産した女性(男性の場合は配偶者が出産した男性)のうち、令和元年10月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む。)の割合。

※詳細は別添の「令和元年度雇用均等基本調査」の結果概要をご覧ください。


<調査時期>
令和元年10月1日現在の状況について、令和元年10月1日から10月31日までの間に調査実施。
<調査対象>
企業調査(常用労働者10人以上):調査対象数 6,000 企業(有効回答数 3,428企業 有効回答率 57.1%)
事業所調査(常用労働者5人以上):調査対象数 6,209 事業所(有効回答数 3,460事業所、有効回答率 55.7%)
<調査方法>
厚生労働省雇用環境・均等局から、調査対象企業・事業所に対し郵送により調査票を配布し、郵送・オンラインにより回収。


【照会先】
雇用環境・均等局雇用機会均等課
課 長 渡辺 正道
課長補佐 光永 圭子
(代表電話) 03(5253)1111(内線 7837)
(直通電話) 03(3595)3271

 

◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省 / 7月31日発表・報道発表より転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会