企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 行政・法律
掲載日:2020/02/03

一般職業紹介状況(令和元年12月分及び令和元年分)

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表しています。


【ポイント】
○令和元年12月の有効求人倍率は1.57倍で、前月と同じ水準。
○令和元年12月の新規求人倍率は2.43倍で、前月に比べて0.11ポイント上昇。
○令和元年平均の有効求人倍率は1.60倍で、前年に比べて0.01ポイント低下。


令和元年12月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.57倍となり、前月と同水準となりました。新規求人倍率(季節調整値)は2.43倍となり、前月を0.11ポイント上回りました。
正社員有効求人倍率(季節調整値)は1.13倍となり、前月と同水準となりました。
12月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.2%増となり、有効求職者(同)は0.3%減となりました。
12月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると2.1%増となりました。これを産業別にみると、教育,学習支援業(7.7%増)、医療,福祉(6.8%増)、建設業(4.3%増)、学術研究,専門・技術サービス業(3.9%増)などで増加となり、製造業(11.6%減)、サービス業(他に分類されないもの)(2.7%減)、宿泊業,飲食サービス業(1.3%減)、運輸業,郵便業(1.2%減)、生活関連サービス業,娯楽業(0.6%減)、卸売業,小売業(0.6%減)などで減少となりました。
都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、就業地別では、最高は福井県の2.15倍、最低は高知県の1.26倍、受理地別では、最高は東京都の2.08倍、最低は長崎の1.17倍となりました。
令和元年平均の有効求人倍率は1.60倍となり、前年の1.61倍を0.01ポイント下回りました。
令和元年平均の有効求人は前年に比べ1.6%減となり、有効求職者は0.8%減となりました。


【照会先】
職業安定局雇用政策課
中央労働市場情報官 森口 (内線5740)
(代表電話) 03(5253)1111
(直通電話) 03(3595)3290

 

◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省 / 1月31日発表・報道発表より転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会