企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[グローバル]

2019/07/26

中国の日系企業、6月の求人案件数は前年同月比10%減。過去5年の6月間平均も割り込む~『中国における日系企業の求人動向レポート(2019年6月)』:リクルート

株式会社リクルートホールディングスのグループ会社である、中華人民共和国(以下、中国)で人材紹介事業を行う現地法人 RGF HR Agent 中国(中国語法人名:上海艾杰飛人力資源有限公司 本社:中国上海 総経理:木村秀之)は、このたび、同社が取り扱う中国大陸の求人情報に基づき、日系企業を中心とする6月の求人動向をまとめました。

※リクルートグループは、RGF International Recruitment Holdings Limited(本社:香港、CEO:中重宏基)を通じて、中国をはじめとする11の国と地域、26都市で人材紹介事業を行っています。RGF HR Agentは日系企業・現地企業・多国籍企業を対象とした人材紹介事業のブランドです。


中国大陸における日系企業の求人動向
RGF HR Agent 中国 総経理 木村秀之のコメント

6月の求人案件数は前年同月比10%減。過去5年の6月間平均(821件)も割り込む。

当社で取り扱う6月の求人案件数は、前年同月比10%減の696件。この結果、上半期の求人案件数は4,691件で、前年同期に対して5%減(4,927件)となり、また過去5年の6月間平均(821件)も割り込んだ。半導体・設備業界が好況だった前年の反動に加え、 6月に入って米中貿易摩擦による中国の景気後退懸念が再燃し、企業の求人意欲に水を差したことが、求人が減少した主因としてあげられる。

G20で二国間関係のさらなる複雑化は食い止められたものの、中国経済の先行き不透明感は依然として払拭されていない。しかし、前年下半期にはすでに米中貿易摩擦が求人案件数にも影響していたことを踏まえると、下半期の求人案件数は、前年同期並みに落ち着くのではないかと予想している。ただし、今後、より一層の景気の下ぶれがあった場合、求人案件数にもマイナスの影響が出てくる可能性は残る。

業界別にみると、日系自動車関連企業の求人需要は引き続き堅調。消費の伸び悩みや半導体業界の元気のなさなど複合的な要因が重なり、電機・電子業界の求人需要がさえない。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社リクルート https://www.recruit.co.jp/ /7月25日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

調査(グローバル)ジャンルのニュース

健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会