企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2019/03/13

生活衛生関係営業、人手不足を感じている企業は約4割。従業者の賃金を引き上げた企業割合が調査開始以来、過去最高~『雇用動向に関するアンケート調査結果』:日本政策金融公庫

株式会社日本政策金融公庫は、2018年12月に「雇用動向に関するアンケート調査」(生活衛生関係営業の景気動向等調査特別調査結果2018年10~12月期)を実施しました。調査結果の詳細は以下のとおりです。


<調査結果概要>

  • 従業者の過不足感は、「不足」と回答した企業割合が39.8%と、全体の約4割を占めた。業種別にみると、ホテル・旅館業が62.1%と最も多くなった。
  • 従業者の不足による経営悪化への影響は、「影響がある」と回答した企業割合が全体の約7割を占めた。
  • 従業者の不足への対応は、「従業者の新規採用」と回答した企業割合が最も多く、次いで、「営業時間の短縮」、「効果的な手段が見当たらない」の順となった。
  • 従業者の採用に向けた効果的な取り組みは、「身内や知人等への紹介依頼」と回答した企業割合が最も多く、次いで、「ハローワークへの求人」、「求人サイトの活用」の順となった。
  • 従業者の定着化に向けた効果的な取り組みは、「賃金の引き上げ」と回答した企業割合が最も多く、次いで、「休日・休暇の増加」、「勤務時間の削減」の順となった。
  • 従業者の賃金水準は、1年前と比べて「上昇した」と回答した企業割合が、正社員で35.8%、非正社員で44.4%となった。賃金を引き上げた企業割合は、調査開始以来、過去最高となった。


【調査の実施要領】
調査時点 2018年12月上旬
調査方法 訪問面接調査
調査対象 生活衛生関係営業 3,290企業
有効回答企業数 3,061企業(回答率93.0%)
(業種内訳)
飲食業 1,403企業/映画館 50企業/食肉・食鳥肉販売業 152企業/ホテル・旅館業 169企業/氷雪販売業 54 企業/公衆浴場業 107 企業/理容業 411企業/クリーニング業 262企業/美容業 453企業

 

<お問い合わせ先>
日本政策金融公庫 国民生活事業本部 生活衛生融資部
生活衛生情報支援グループ 担当:小沢、一ノ瀬 TEL 03-3270-1653

 

◆ 本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(株式会社日本政策金融公庫 https://www.jfc.go.jp/ /3月11日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会