企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2018/12/18

人材派遣領域の2019年トレンド予測を発表~キーワードは「留Biz大学生」:リクルートスタッフィング

株式会社リクルートスタッフィング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柏村 美生、以下当社)は、株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸 真澄)の主催する「2019年のトレンド予測」発表会にて、「留Biz大学生」人材派遣領域のキーワードとして発表しました。

 

■留学生が在学中に企業で就業経験を積み、卒業後のキャリア形成に活かし始めている。

【概要】
日本国内における大学・大学院の留学生数は、2016年以降増加傾向にあり、2015年と2017年では約15%増と、直近2年間で大幅に増えています。今年10月に発表された法務省「平成 29 年における留学生の日本企業等の就職状況について」という調査では、留学生の日本における就職申請数が 27,9261 人(前年比+6,028 人)と過去最高となりました。

また日本の大学・大学院に在籍する留学生の85%が日本で就職することを希望している一方、実際は大学・大学院を卒業した留学生のうち36%しか国内で就職できていないことが明らかになっています。留学生の数が直近で増えている中、この就職の問題は今後ますます大きくなることが予想されます。

  就職活動における留学生にとっての課題としては、日本語でのコミュニケーションだけでなく、日本の企業文化、ビジネスマナーの理解が難しいことなどが挙げられています。企業文化やビジネスマナーの習得に関しては、アルバイト・派遣を通じて習得する留学生が最も多いものの、在学中に就業するにあたり、学業との両立が不安なことや自分のスキル・将来のキャリアに合った仕事を探すことが難しそうなど、様々な悩みを抱えていることが分かりました。

このような背景から、キャリア形成に必要な経験をしたい留学生と、国籍問わず戦力となる人材が欲しい企業の希望を実現するための手段として、人材派遣サービスが活用され始めています。派遣で就業する留学生の数、企業数も2年前と比較して大きく増加し、販売や接客のお仕事だけでなく、ここ最近では、一般事務などデスクワークのお仕事でも留学生の活躍の場が広がっており、在学中の就業経験を卒業後のキャリア形成に活かしている留学生が増えています。

 

■発表内容の詳細はこちらから

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社リクルートスタッフィング https://www.r-staffing.co.jp/corporate/ /12月17日発表・同社プレスリリースより転載)

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会