企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/09/07

風疹患者、昨年の三倍に 職場での流行拡大に注意

国立感染症研究所は、今年8月29日時点で報告された風疹の患者数が、273人にのぼったことを発表した。2017年の年間患者数が93人であったのに対し、今年は8月26日までの1週間だけでも89人増加。首都圏を中心に流行が拡大しているという。風疹は妊娠初期に妊婦が感染した場合には、胎児に影響を及ぼす危険性があることでも知られる。

 

公益社団法人日本産婦人科医会によると、現在、風疹にかかっているのは免疫を持っていない30~50代男性が中心だという。罹患(りかん)した場合、症状が出る一週間前から周りへの感染の可能性がある。軽微な症状の場合は継続して出勤しているケースも多く、感染拡大の一因となっている。初期症状としては、(1)発熱、(2) 耳介後部、後頭部などの首の後ろのリンパ節の膨張、(3)全身の発疹(4)眼球結膜の充血 などがあげられるが、症状を伴わない不顕性感染も15~30%みられるという。

 

今後の感染を拡大させないためにも、企業にはワクチン接種の呼びかけや、症状が疑われる従業員への声掛けが求められる。また、風疹患者が発生した際には、社内への徹底した情報共有を行う必要があるだろう。

 

 

(『日本の人事部』編集部)


ニュースジャンル一覧

行政・法律(社会)ジャンルのニュース

勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ ジョブ・カード制度 総合サイト

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会