企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/06/15

「賃金・退職給付」、「労働時間・休日休暇」などを中心に労使間の交渉があった割合は総じて上昇~平成29年「労使間の交渉等に関する実態調査」(厚生労働省)

厚生労働省では、このほど、平成29年「労使間の交渉等に関する実態調査」の結果を取りまとめましたので公表します。

この調査は、労働環境が変化する中での労働組合と使用者の間で行われる団体交渉、労働争議及び労働協約の締結等の実態を明らかにすることを目的としています。対象は、民営事業所における労働組合員30人以上の労働組合で、平成29年6月30日現在の状況等について同年7月に調査を行い、一定の方法により抽出した5,193労働組合のうち3,244労働組合から有効回答を得ました。

 

【調査結果のポイント】
1 労使関係についての認識(本部組合及び単位労働組合)
労使関係が「安定的」(注1)と認識している労働組合は89.1%(前回(注2)89.5%)

2 正社員以外の労働者に関する状況(単位労働組合)
労働者の種類別に「組合加入資格がある」をみると、「パートタイム労働者」35.2%(前回(注2)32.3%)、「有期契約労働者」37.0%(同 35.6%)、「派遣労働者」7.4%(同 11.1%)、「嘱託労働者」38.4%(同 30.7%)

3 労使間の交渉に関する状況(本部組合及び単位組織組合)
(1)過去3年間(注3)に何らかの労使間の交渉があった事項(複数回答)は「賃金・退職給付に関する事項」89.7%(前回(注4)83.5%)、「労働時間・休日・休暇に関する事項」79.0%(同 70.9%)、「雇用・人事に関する事項」65.9%(同 62.6%)

(2)労使間の交渉の結果、労働協約の改定がなされた又は新たに労働協約の規定が設けられた事項(複数回答)は、「育児休業制度、介護休業制度、看護休暇制度」47.6%(前回(注4)29.7%)、「休日・休暇」41.8%(同 23.0%)、「賃金額」36.0%(同 23.0%)

4 労働協約に関する状況(単位労働組合)
労働協約を締結している労働組合は 94.7%(前回(注4)93.4%)

注1:労使関係の維持についての認識は5段階の選択肢であり、「安定的」は「安定的に維持されている」と「おおむね安定的に維持されている」の合計。
注2:「前回」とは平成28年「労働組合活動等に関する実態調査」を指す。
注3:「過去3年間」とは平成26年7月1日から平成29年6月30日までをいう。
注4:「前回」とは平成27年「労使間の交渉等に関する実態調査」を指す。

 

【照会先】
政策統括官付参事官付雇用・賃金福祉統計室
調査官   山口 浩幸
室長補佐 石上 智子
労使関係第二係 (内線 7667,7668)
(代表電話) 03(5253)1111
(直通電話) 03(3595)3145

 

◆ 詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

(厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp// 6月14日発表・報道発表より転載)


ニュースジャンル一覧

行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。