企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
社会教育・オピニオン2018/03/05

「日系企業で働きたいため、留学先として日本を選んだ」学生が35.8%~『外国籍留学生に関する就労意識調査(平成30年 留学生調査)』:パソナ

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 COO 佐藤司)は、日本に滞在している外国籍留学生を対象とした合同企業説明会『JOB博AUTUMN』の参加者に就労意識調査を実施いたしました。

 

日本で働く外国籍人材は一年に約128万人となり、届出が義務化されて以来、過去最高を更新しました。(厚生労働省「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在))企業のグローバル化や日本の労働人口減少に伴い、グローバル人材の採用は今後益々活発化すると考えられます。

本調査では、日本で活躍する外国籍留学生の就労意識を探ります。

 

<調査結果のポイント>

○ 99.2%は日本で働きたい
日本で働きたい期間として最も回答が多かったのは「永住」(32.3%)。次いで、「10年以上」(19.9%)、「1-3年」(16.3%)。また99.2%は、日本で働きたいと思っている。
グローバル人材の長期的なキャリア形成や教育研修が企業には求められていることが伺える。

 

○「日系企業で働きたいため、留学先として日本を選んだ」学生が35.8%
日本に留学した理由として、「日本文化に興味がある」26.6%を上回る35.8%が日系企業への就職を視野に来日している。日系企業のグローバル展開の加速、日本経済の回復、また文化交流の促進に伴い、日本ブランドの認知度が世界的に高まっていることが伺える。

 

○ 約6割が卒業まで僅か4ヵ月
一般的に、2018年卒業の学生を対象とした企業説明会や各種応募書類の締切りは2017年3月頃に集中する。よって、多くの学生は卒業1年以上前から準備を始めるのに対し、当イベントに参加した外国籍留学生の60.6%が卒業まで僅か4ヵ月であった。

 

<調査概要>
調査方法: アンケート票記入方式 
調査期間: 2017年11月17日
調査対象: 『JOB博AUTUMN』参加者(東京会場)
回答者数: 810人

 

<報道関係の方からのお問い合わせ>
株式会社パソナグループ 広報室
03-6734-0215

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社パソナ http://www.pasona.co.jp/ /3月2日発表・同社プレスリリースより転載)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会