企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース 掲載日:2016/05/27

2016年4月 グローバル転職求人倍率 1.50倍~求人数6ヵ月連続増加!人事、会計財務2職種、エネルギー、製薬、食品、自動車メーカー4業種において求人数過去最高:ダイジョブ・グローバルリクルーティング

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:篠原 裕二)は、2016年4月末時点のグローバル転職求人倍率※をまとめました。

※グローバル転職求人倍率:2ヵ国語以上の言語において、ビジネスレベル以上のスキルを条件とする求人と、そのスキルを持つ転職希望者の需給バランスを算出したもの <転職求人倍率=求人数÷転職希望者数>

 

◆職種別グローバル転職求人倍率
グローバル転職求人倍率を職種別に見ると、「メディカル/医薬/バイオ/素材/食品技術系」が最も高く、前月比0.62ポイント増の5.80倍となりました。次いで、「総務/人事/法務」が前月比1.59ポイント増の5.33倍、「財務/会計」が前月比1.14ポイント減の3.78倍となりました。「メディカル/医薬/バイオ/素材/食品技術系」は、7ヵ月連続TOP3入りを果たしました。
また、「総務/人事/法務」の人事(採用)職と、「財務/会計」の会計/財務職は、特に求人数が増加し、2013年8月以降、過去最高となりました。

 

◆業種別グローバル転職求人倍率
グローバル転職求人倍率を業種別に見ると、「電気・ガス・熱供給・水道業」が最も高く、前月比4.10ポイント増の5.50倍。次いで「製造業」が前月比0.31ポイント増の2.86倍、「金融業,保険業」が前月比0.38ポイント増の2.45倍となりました。
5.0倍を超える高倍率となった「電気・ガス・熱供給・水道業」の求人数は、2013年8月以降、過去最高。特にエネルギー事業関連の求人は、前月比約3倍に増加しました。また、「製造業」の求人数は、製薬メーカー、自動車・輸送機器メーカー、食品メーカーで増加し、過去最高となりました。
4月度全体での求人数は前月比102%と増加し、2015年12月以降上昇傾向となっております。

 

<本件に関するお問い合わせ>
ヒューマングループ 広報担当 大森
TEL:03-6388-0108
FAX:03-6846-1220
Email: kouhou@athuman.com

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社 http://corp.daijob.com//5月26日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
調査(グローバル)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会