企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス その他人事サービス
掲載日:2016/05/12

「出産1か月前まで仕事をしていた」3割弱、4人に1人は育休取得期間が「1年に満たず」産休取得者の4人に1人がマタハラ被害を経験~『産休・育休に関する実態調査』:ゲンナイ製薬

妊活サプリメントを展開するゲンナイ製薬株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:上山 永生)は、2016年3月23日~3月31日の9日間で、過去10年以内に産休を取得したことがある20~49歳の女性に対し、「産休・育休に関する実態調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
※今回の調査では、末子出産時の産休・育休について質問を行っています。

 

【概要】

●産休・育休取得の実態
 ・産休ママのパートナーの育休取得率1割以下
 ・「出産1か月前まで仕事をしていた」3割弱、4人に1人は育休取得期間が「1年に満たず」
 ・産休・育休を取得して良かったと思うこと 「子どもの成長をみられた」6割半、「体を休められた」4割強
 ・産休取得者の3人に2人が「子育てと仕事の両立」に不安を抱える

 

●産休・育休の取りづらさ
 ・「産休・育休の申請をためらった」4割強、取得前例がある職場で抵抗感が和らぐ傾向
 ・「職場の人に迷惑をかける不安で産休・育休申請をためらった」4人に1人
 ・産休取得者の4人に1人がマタハラ被害を経験 受けたマタハラの内容とは?

 

●職場復帰に関する実態
 ・産休・育休明け「職場復帰できず」2割強、復職時の待遇「休業前より悪化」1割強
 ・職場復帰できなかったら家計がひっ迫していた?
 ・職場復帰できて良かったこと「家計を支えられる」が7割半、夫の年収500万円未満の層では8割に
 ・年収500万円以上の女性 4人に1人が「職場復帰できないとキャリアにブランクが空く」ことを不安視
 ・産休・育休後に退職した理由「職場に迷惑をかける不安」や「保育園がみつからなかった」が上位に

 

●産休・育休の取得促進に向けて
 ・産休経験者が望む、休業取得者へのサポート内容
 ・「急用時のフォロー体制の確立」「受け入れ意識の醸成」「時短・休暇制度の充実」
 ・2年以上の育休取得者の3割が「復帰者向けの研修を実施してほしい」と実感
 ・「次に妊娠したら、育休を取得したい」8割半
 

◆調査概要◆
◆調査タイトル:産休・育休に関する実態調査
◆調査対象: ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする
過去10年以内に産休を取得したことがある20~49歳の女性
◆調査期間:2016年3月23日~3月31日
◆調査方法:インターネット調査
◆調査地域:全国
◆有効回答数:1,000サンプル(有効回答からランダムに1,000サンプルを抽出)
◆実施機関:ネットエイジア株式会社

 

◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(ゲンナイ製薬株式会社 http://www.gennai-seiyaku.co.jp/ / 5月11日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
その他人事サービス(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会