企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アクティブレスト アクティブレスト

「アクティブレスト」とは、直訳すると「積極的な休養」。つまり、より効果的に、効率的に休養することをいいます。横になるなどして完全に休むのではなく、むしろ体を動かすことで疲れの軽減を目指すものです。アクティブレストはもともと、アスリートの世界で普及した方法で、スポーツ選手が試合後に疲労を早く取り除き、次の試合や練習に備えるための効果的な疲労回復法として編み出されました。適度な運動は全身の血液循環を良くするため、疲労の原因とされる物質が血中から素早く処理されやすく、運動によって交感神経が刺激されてストレス解消につながる、という精神面でのプラスもあります。そのため、最近ではアスリートに限らず、フィットネスクラブやビジネスパーソンへと裾野が広がっています。
(2018/1/24掲載)

アクティブレストのケーススタディ

「疲れたら休養」から「疲れたら運動」へ
アクティブレストを健康経営に活用するサービスも

生産性の向上やウェルビーイング。昨今、従業員が心身ともに健やかな状態で働くことを目指す健康経営は、多くの企業が取り組まなければならない経営課題の一つです。従業員にも、残業時間の抑制など、決められた時間内に効率よく仕事を終わらせることが求められています。そのような状況下、短期間でパフォーマンスをあげるために、前日の疲れを翌日に持ち込まないよう、「賢く休む」方法が注目されています。

アクティブレストは「疲れたときこそ運動を」という考え方。しかし、体を動かした方がいいとはいえ、過度な運動はかえって疲労感を高めてしまいます。ウォーキングやサイクリング、スイミングといった有酸素運動が好ましいとされ、強度も隣の人と会話できるくらいの「八分目」にとどめておくことが効率的休養のコツ。有酸素運動で体が温まった後は、ストレッチで筋肉を伸ばすとアクティブレストの効果はさらに高まるといいます。

アクティブレストをビジネスシーンに取り入れる動きもあります。福岡県を拠点に活動する10分ランチフィットネス協会は、「『アクティブレスト』で企業に活力を」を理念に、その名の通りランチ休憩中の10分間でできる運動プログラムを提案しています。着替える必要がなく、運動が苦手な人でもできるという気軽さが好評で、「気分が良くなり、午後の就業にも元気に臨めた」という参加者の声もあがっています。また副次的な効果として、従業員同士のコミュニケーションの場となり、メンタルヘルス対策としての効果も期待されます。

疲労感は体を守るサイン。疲れを感じたら対処が必要です。「疲れたら帰って寝る」ではなく、「疲れたときこそ軽い運動」という新しい休養のスタイル。生産性が求められているいま、アクティブレストは今後ますます注目を浴びそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

CHO(Chief Health Officer/健康管理最高責任者)
「CHO」とは、チーフ・ヘルス・オフィサー(Chief Health Officer)の略語で、組織が従業員の健康増進に向けて取り組むための最高責任者のことです。近年、従業員の健康状態を経営課題の一つと捉え、マネジメントしていく「健康経営」が注目されていることを背景に、健康管理のプロフェッショナルを...
健康経営優良法人
健康経営優良法人認定制度とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実行する「健康経営」について、特に優良な企業などを顕彰する制度です。2015年から始まった「健康経営銘柄」に続き、2017年から始まりました。規模の大きい企業を対象とする「大規模法人部門」と、中小規模の企業を対象とする「中小...
ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」は、健康管理の領域で用いられる手法です。ハイリスクアプローチは、健康リスクを抱えた人をスクリーニングし、該当者に行動変容をうながすこと。ポピュレーションアプローチは、リスクの有無にかかわらず、集団に対して同一の環境整備などを指導することをいいま...

関連する記事

いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載人事白書 調査レポート
森永雄太さん: ただ「健康増進」を唱えるだけでは届かない  健康経営を従業員のやる気につなげる「ウェルビーイング経営」の考え方(後編)
従業員の健康につながる施策に会社をあげて取り組む「健康経営」の考え方が定着しつつありますが、一方で若い人ほど「健康」という言葉を軽くとらえてしまいがちであるのも事実です(前編参照)。健康的な食生活や生活習慣の重要性を頭では理解していても、実際には体に何の問題も...
2017/08/09掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第105回 「健康経営」の時代 ~「コスト」から「投資」へ、健康増進への取り組みを位置付ける(前編)
従業員の健康は、企業経営を支える重要な基盤である。しかし、過重労働による心身の不調や生活習慣病の増加、それらに伴う医療費負担の増加など、その基盤を揺るがすリスクは年々高まっている。そうした中、健康増進への取り組みを経営上の「コスト」ではなく、戦略的な「投資」と...
2017/04/20掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

休養室の常設について
休養室の設置について、教えてください。 現在会議室を1つ潰して休養室を作ることを考えていますが、休養室にしてしまうと 会議室が不足してしまいます。 そこで、対応として たとえば、通常は会議室として利用し、会議室には折り畳みベッドを常備しておき 必要に応じて会議室から休養室に変えることができることで、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...