企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヨメブロック 嫁ブロック

「嫁ブロック」とは、既婚男性が妻に転職や独立を反対、阻止(ブロック)されることをいいます。もともとは企業の採用担当者やヘッドハンターなどが使っていた業界用語で、内定を出しても妻の“ブロック”で採用が失敗に終わることを言いましたが、昨今の転職市場の拡大にともない、一般にも広く知られるようになりました。ある転職支援サイトの調査によると、35歳以上の男性ユーザーの四人に一人が「嫁ブロック」を受けた経験があり、その半数近くが「嫁ブロック」を理由に内定を辞退したと答えています。
(2016/6/24掲載)

嫁ブロックのケーススタディ

収入ダウン!? 夫の転職に強烈な“待った”
妻に反対されると半数近くが内定を辞退

転職市場の拡大が続いています。日本経済新聞社が4月にまとめた採用計画調査(最終集計)によると、2016年度の企業の中途採用数は3万6219人と、前年度に比べて9.0%増える見通しです。しかも伸び率は14年度が7.7%、15年度が8.7%と3年連続で拡大。大卒や新卒採用の伸びに陰りが見られる一方で、ITや建設業界などの成長分野を中心に即戦力を求める傾向が強まっているほか、バブル崩壊後やリーマン・ショック後に採用を抑えた影響で手薄になってしまった中堅層を補おうとする動きもあるようです。

かつて“氷河期”に不本意な就職を余儀なくされた世代にとっては、キャリアの好転をはかる絶好のチャンスといえるでしょう。ところが、そんな転職にかける夫の夢も、妻のツルのひと声でご破算になるケースが増えているといいます。中途採用でせっかく内定が出ても、男性候補者が「妻が反対しているので」という理由で辞退したり、転職活動自体をあきらめたり。こうした現象を「嫁ブロック」といいます。

エン・ジャパン株式会社が、運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』のユーザーを対象に「嫁ブロック」に関するアンケート調査を行なったところ、転職を希望するミドル(35歳以上)の男性の四人に一人が「嫁ブロック」を経験していることがわかりました。そのうち、「嫁ブロック」を理由に内定辞退したことがある人は44%に上っています。「嫁ブロック」の理由として最も多かったのは「年収が下がるから」(42%)で、以下「有給休暇の取得率が低いから」(26%)、「転職先の企業や業界にあまり良い噂を聞かないから」(26%)と続きます。

人材紹介会社クライス&カンパニーの代表でヘッドハンターの丸山貴宏さんによると、夫の転職に「嫁ブロック」をしかける妻は専業主婦がほとんどで、共働きの場合は少ないといいます。それは、自分も稼いでいるので収入の心配がないからではなく、企業で働くことを通じて会社や仕事の本質を、妻自身が肌身でわかっているからです。

また、妻に黙って転職活動を続けていたために、採用の最終盤に来て、猛烈な「嫁ブロック」に遭うケースも少なくありません。先のアンケート調査では、活動を始める前から日頃のコミュニケーションを十分にとり、互いの価値観や思いをすり合わせておくことが、「嫁ブロック」を避けるためにも重要という声も上がっていました。こうした状況を受けて、最近では妻ら家族向けの採用説明会を開く企業も現れるなど、「嫁ブロック」が企業側の採用手法にも影響を与えつつあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
採用広報
「採用広報」とは、目標とする採用人数を達成することと、自社が求める人材の獲得を目的に、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書
厳選採用時代の中途採用に必要な「企業の意識」 ~厳選採用のもう一つの顔
企業が「厳選」されることもある。一部の優秀人材に企業の内定が集中!?
2011/02/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書
今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
中途採用の採用ポイント
IT系採用担当になって、まだ4ヶ月目の 駆け出しです。 この間、中途採用の内定は10人程度 出せれましたが、実務経験者は弊社以外 を選択されてしまいました。 中途採用の採用ポイント(実務経験者) はどこにあるのでしょうか? また、何か決めてはあるのでしょうか? ご教授願います。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...