企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サイレントオイノリ サイレントお祈り

「サイレントお祈り」とは、就職活動を行う学生たちの間で使われる俗語です。企業からメールで送付される不採用通知には、末尾にかならず「今後の活躍をお祈りいたします」などの一文が添えられていることから、就活生はこれを「お祈りメール」と呼びますが、最近は、事前に「通過者のみ連絡」などの説明がなかったにもかかわらず、不採用者にはこのお祈りメールさえ届かないケースが増加。このように、企業から不採用について何の音沙汰もないことを「サイレントお祈り」と呼び、学生や学校関係者からは企業の不誠実な対応を批判する声もあがっています。
(2015/6/29掲載)

サイレントお祈りのケーススタディ

就活生の7割超が遭遇する不快な対応
内定辞退に備え“補欠”確保のねらいも

「今後のご健闘をお祈り申し上げます」「充実した学生生活を送られることをお祈りいたします」――そんな型通りの末文で締められた不採用通知メールを、就活生が半ば皮肉を込めて「お祈りメール」と呼ぶのは、不採用という意に沿わない事実への不満や落胆からだけではないのかもしれません。判で押したような紋切り型の文面や、選考結果に対する説明もなく、低姿勢ながらどこか形式的に見える対応を“慇懃無礼”と受け止め、不快に感じる学生が少なくないようです。

記憶に新しいのは昨年2月。折しも就職活動が本格化し始める時期に、ある大手企業が就活中の女子学生を題材としたテレビCMを放映したところ、「志望企業から何十通ものお祈りメールが届く」という描写に対し、就活生やその親とみられる視聴者から「あまりにリアルで心が痛む」との意見が寄せられ、1ヵ月ほどで放映を中止したことが話題になりました。

しかし一方で、企業によってはお祈りメールさえ送らない、不採用者には一切通知しない、「サイレントお祈り」と呼ばれる対応が目立つといわれます。その場合、学生は選考結果が確定しないまま、宙ぶらりんの状態を過ごすことになり、就職活動の先の見通しも立てられません。しかも「サイレントお祈り」の多くは、「合否にかかわらず連絡する」と約束しておきながら、何の音沙汰もないといいます。これでは企業の対応も、失礼、不誠実のそしりは免れないでしょう。

NPO法人ライフリンクが2013年に実施したアンケートによると、就活中に「サイレントお祈り」を経験したことがあると回答した学生は74%、就活生一人あたりのサイレントお祈りの経験回数は平均4.8回で、五人に一人は10回以上経験しています。

なぜ企業はこうした不誠実な対応に至ってしまうのでしょうか。よく指摘されるのが、「採用担当者の過重負担」という点です。応募者の母集団拡大を図る一方で、採用部門のコストは縮小。そこに“就活後ろ倒し”などによるスケジュールの過密化も加わり、結果として不採用者への連絡業務にまで手が回らない、といった状況になっているようです。ただ、中には選考通過者や合格者の内定辞退に備えて、“補欠”の人員を確保しておくために、あえて選考結果の通知を曖昧にしておくといった、ややアンフェアなケースも。

不採用とはいえ就職活動を離れれば、学生もまた多くの企業にとって重要な顧客候補でしょう。彼らがSNSなどを通じて、一瞬のうちに情報を拡散させることを考えれば、「サイレントお祈り」などの不誠実な対応で、彼らに不快な思いを与えることはきわめて危険といわざるをえません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

カジュアル面談
「カジュアル面談」とは、選考に影響しないことを前提に、本選考前や採用選考の途中で企業と応募者が相互理解を深めるために設けられる場のことをいいます。ミスマッチによる内定辞退や入社後の早期退職を軽減することを目的に中途採用でよく使われる手法ですが、近年は新卒採用でも実施する企業が増えています。相互理解が...
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
インフルエンサー採用
「インフルエンサー」とは、他者や一般社会に対し影響力を持つ人物のこと。近年では、インフルエンサーの持つ影響力を評価基準の一つに設定し、企業の採用シーンに取り入れる動きがあります。指標は、SNSのフォロワー数や投稿内容など企業によってさまざまですが、求める採用要件を満たすと判断された場合、求職者は選考...

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

最終面接の面接官について
現在グループ採用を行っております。 説明会、1次選考を採用事務局で行って、2次面接と最終面接は選考企業でおこなっています。 しかし、選考企業の役員のスケジュールが合わず、最終選考を事務局のある企業の役員が実施することになりました。 この場合、法的に問題は無いのでしょうか?
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...