企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キツエンキュウケイ 喫煙休憩

「喫煙休憩」とは、就業時間中に従業員が喫煙目的で席や持ち場を離れ、オフィスに設置された喫煙コーナーや戸外など、喫煙が許される場所まで移動して休憩をとることをいいます。受動喫煙防止をうたった健康増進法の施行(2003年)以来、社内禁煙・分煙の流れが強まり、喫煙者は肩身が狭い思いをしていますが、一方で多くの企業では、定められた休憩時間外の喫煙休憩を職場の慣習として黙認しているのが実態です。非喫煙者と比べて非生産的で、不公平ではないかという批判も少なくありません。
(2013/7/29掲載)

喫煙休憩のケーススタディ

職務専念義務違反か、職場の潤滑剤か
社内ルールによる厳正な管理は困難

旅館やホテル、温泉施設を運営する星野リゾートグループは、「喫煙者は採用しない」という企業方針を明確に打ち出し、応募者の面接時には必ず喫煙の有無を確認することで知られています。同社が分煙さえ認めず、喫煙者を採用しない理由は、作業効率の低下や喫煙場所への投資が利益を圧迫するほか、喫煙習慣のある従業員だけに喫煙休憩を認めることで職場に不公平感が生じるからだといいます。

ドイツでも昨年、経済団体が就業中の喫煙休憩の廃止を提案して、論議を呼びました。08年に公共施設やレストランでの喫煙を禁じる法律が施行されたドイツでは、ほとんどの企業が職場を原則禁煙とし、社員は休憩時に喫煙室か、屋外でタバコを吸うように求められています。同団体が公表した試算によると、タバコを吸う労働者は1人平均5分間の休憩を1日に3回取ることで、年間2000ユーロ(約19万9000円)以上の損失を企業に与えているといいます。「喫煙者は非喫煙者より休憩時間が長く、非生産的だ」と指摘されるゆえんです。

一方、愛煙家たちにも「喫煙スペースでの談笑が社内での貴重な情報交換やコミュニケーションになっている」など、喫煙休憩を正当化する言い分があるようですが、そもそも会社員として勤める以上、勤務時間中は労働契約や就業規則などの定めるところによって、会社側から課された職務に専念しなければなりません。これを職務専念義務といい、違反した場合は何らかの処分や人事的なマイナス評価を受けることもありえます。したがって所定の休憩時間でもないのに従業員が持ち場を離れてまで喫煙しているとすれば、本来は当然、職務専念義務違反であり、サボリと批判されても文句はいえないでしょう。

ただし、実際にどういう行為が職務専念義務に反するかの判断は難しく、法的にも定義づけられていません。最高裁判所が、会社の業務や従業員の職務の性質・内容、その行動の様子など、さまざまな事情をくみながら総合的に判断すべきである、との立場を採っているためです。喫煙休憩についても、喫煙に関する社内規定が整備されず、勤務時間中であっても喫煙場所へ出向いてタバコを吸うことが黙認されている状況であれば、職務専念義務違反には問えないという意見があります。

1日に吸うタバコの本数を制限したり、喫煙休憩を申告制やタイムカードで把握して定時を延長したりするなどのルールの導入も考えられますが、そこまで細かい労務管理を行える企業は限られるでしょう。分煙を公正に実施する難しさや、さらには健康経営の重要性を考え合わせれば、今後「分煙よりいっそ全面禁煙を」という流れが強まっていくのは必至だといえます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

分煙
喫煙する場所を定め、それ以外の場所を禁煙とする方法です。禁煙タイムなどを設ける「時間分煙」に対して、「空間分煙」と呼ぶこともあります。
スモハラ
「スモハラ」とは、スモークハラスメントの略で、喫煙に関する嫌がらせ行為のことを指します。例えば、職場などにおいて非喫煙者が喫煙するよう強制されたり、たばこの煙にさらされたりすることなどがスモハラにあたります。それが上司によるものの場合は、パワーハラスメントにも含まれます。過去には、社内を分煙化するよ...
休養室
「休養室」とは、職場で従業員が急に体調が悪くなった場合などに休ませたり、救急車が来るまで待機させたりすることを想定して、事業場に設置する施設のことです。労働安全衛生法が定める労働安全衛生規則および事務所衛生規則において、「事業者は、常時50人以上または常時女性30人以上の労働者を使用するときは、労働...

関連する記事

職場における喫煙対策の実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、「職場における喫煙対策に関するアンケート」を実施。本記事では、その中から喫煙対策、禁煙に関する意識啓発の実施状況、喫煙対策における今後の方針について、取り上げます。
2012/06/18掲載人事・労務実態調査
改正健康増進法施行をきっかけに考える、喫煙者と非喫煙者が共存する快適なオフィス環境づくり 「煙のない社会」を目指す、フィリップ モリス ジャパンが提案するソリューションとは
2020年4月に「改正健康増進法」が全面施行され、屋内は原則として禁煙となりました。非喫煙者にとって、たばこの煙のにおいは不快の原因。最近では、スモークハラスメントという言葉も聞くようになりました。企業としても、何らかの対策を講じることが求められています。こう...
2020/04/13掲載注目の記事
今春から改正健康増進法が全面施行! 企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後45分間のエレベーター利用禁止」、「職員のみならず来訪者にも喫煙後45分間の敷地内への立入禁止」、「通...
2020/03/06掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

休憩時間は一時間だけで良い?
お世話になります。 まずはじめに 弊社の勤務時間や休憩時間は以下のようになっております。 勤務時間:8:30~17:00 休憩時間:90分 ここで月に3~4回ほど夜勤があります。 その勤務時間ですが 勤務時間:13:30~翌日17:00~21:00 となっております。 この場合でも休憩時間...
休憩時間について
いつも利用させていただいております。 さて、労基法では8時間超えの労働時間で1時間の休憩を与える義務があります。 その後残業時間が長くなった場合に休憩時間を与える義務は生じますか。 ちなみに当社では以下のように休憩を与えておりますが問題ありませんか。ご回答のほどお願いします。 所定労働時間:9時~1...
労基法の休憩時間について
労基法の休憩時間について教えてください。 労働時間を6時間超えた場合に少なくとも45分の休憩とあります。 以下のような場合、休憩時間とみなされますか? 就業開始~終了まで8:45~19:15 休憩時間9:00~11:15までで 11:15~19:15までの8時間は休憩なしです。 6時間を超えず...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 安全衛生 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...