【ヨミ】キュレーション キュレーション

「キュレーション」(curation)とは、情報を選んで集めて整理すること。あるいは収集した情報を特定のテーマに沿って編集し、そこに新たな意味や価値を付与する作業を意味します。もともとは美術館や博物館で企画展を組む専門職のキュレーター(curator)に由来する言葉ですが、キュレーターが膨大な作品を取捨選択して展示を構成するように、インターネット上にあふれる情報やコンテンツを独自の価値基準で編集して紹介するサービスもキュレーションと呼ばれ、IT用語として広く使われています。さらに近年では、人材教育や組織開発の分野においても、価値創造を促す新たな役割としてキュレーションの概念に注目が集まっています。
(2013/7/8掲載)

キュレーションのケーススタディ

知識のフローの中で価値創造を促す
教育担当者は“学びのキュレーター”に

2013年5月、米国テキサス州ダラスで、人材開発と組織開発に関する世界最大級の組織であるASTD(American Society for Training & Development)が年に一度開催している「ASTD2013 International Conference & Expo」(ASTD国際会議)が行われました。ASTD国際会議では世界各国の先駆的企業や教育機関・行政体のリーダーたちが集結、直面する諸問題にどのように取り組んでいるかについて組織の枠を超えて語り合い、学び合います。そうした最先端のカンファレンスにおいて、多くのセッションで取り上げられ、参加者の関心も高かったキーワードの一つが「キュレーション」です。

職場における学習の分野において、キュレーションとは具体的にどのような行動や考え方を指すのか――ASTD2013では講演者のキャサリン・ロンバードッツィ氏によって、以下の七つの役割が挙げられまし

 【Seek】:
 情報のコレクションをつねに最新に保てるように情報を探す

 【Filter】:
 何が重要で価値のある情報であるかを人の判断によって特定し、情報のフィルタリングを行う

 【Categorize and tag】:
 適切な情報を簡単に見つけられるようにカテゴライズし、タグ付けを行う

 【Contextualize】:
 収集した情報のインパクトを高めるために、文脈や解釈を加える

 【Highlight】:意味を生み出すことを可能とするために、トレンドやビッグ・ピクチャーをハイライトする

 【Make connections】:
 より深い洞察を提供するために、関連した(一見すると関連していないようにみえる)情報をつなぐ

 【Generate discussion】:
 コミュニティを生み出し、知識とスキルの創造を可能とするために、人々の間に議論を生成する


基調講演を行った南カリフォルニア大学のジョン・シーリー・ブラウン氏は、こうしたキュレーションの概念が注目されている背景として、知識のあり方がストックからフローへと移行している中で、学習のあり方も大きく変わってきていることを提起しています。これからの学習は、あるべきゴールに向かって決められたコンテンツ(ストック)をただ学ばせていればいいのではなく、つねに変化するナレッジのフローの中で、学習者自身が意味や文脈を読み解き、そこから新しい価値を創造していかなければならない。言いかえれば、何からでも学びとっていくというスタンスが求められるわけです。

組織にそうした学びの文化や風土を構築し、価値創造を促していく上で、有効なプラクティスになりうると期待されているのがキュレーションなのです。企業内で人材教育や組織開発に携わる人にとって、今後重みを増すのは、職場における“学びのキュレーター”としての役割かもしれません。

※株式会社ヒューマンバリュー サイト掲載記事に準拠し、『日本の人事部』編集部にて作成

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード