企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ディレールメント ディレールメント

「ディレールメント」(derailment)とは、直訳すると「レール(rail)をはずれること」、転じてキャリアからの脱落要因を意味します。職務における成功者や高業績者(ハイパフォーマー)に共通の行動特性をコンピテンシーと呼ぶのに対し、ディレールメントは、そうしたハイパフォーマーゆえに陥りやすく、キャリア上のレールからの脱落を招きかねない悪癖や問題行動パターンを表す用語です。
(2013/3/25掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディレールメントのケーススタディ

ハイパフォーマーだからこそ陥る悪癖
マイナスの行動特性をモデル化し“脱線”を防ぐ

ディレールメント」は、コンピテンシーと表裏一体の属性ともいえます。実際、組織の人材開発や人事管理の現場では、ともによく使われるようになってきました。職務で高い業績を上げている人物の行動特性をコンピテンシーといい、日本でも1990年代以降、これを評価基準として取り入れた人事アセスメントが急速に普及しました。高業績者へのインタビューによってその行動特性を分析、モデル化し、ほかの社員に見習わせることで人材育成や組織開発につなげようというものです。

しかしよく指摘されるとおり、コンピテンシーは決して人事評価として万能ではありません。職務においていくら優秀で高業績を上げていたとしても、その人物に問題がないとは限らないからです。むしろ職場を見渡すと、自他ともに認める実力者で実績も十分なのに、なぜか人望が乏しい、リーダーシップに欠けるというような人が意外と目につくのではないでしょうか。

高業績者は職務上の成功体験や周囲からの賞賛によって自信過剰に陥りやすく、コンピテンシーとして規範にされるべき優れた行動特性の裏に、何らかの悪癖や問題行動、すなわちマイナスの行動特性をあわせ持っていることが多いのです。例えば「職務において独自のスタイルを確立し、貫いている」という優れた行動特性の裏には、「部下の意見や行動に対して常に否定的、排他的な対応をとる」「ワンパターンの行動に陥りがち」といったマイナスの行動特性が見え隠れします。また「自分の業績に対する自負が強い」と、その反動で「部下を軽んじ、傲慢(ごうまん)な言動を取りがち」だったり、「部下を信頼せず、仕事を任せることを躊躇」したりする傾向があるといわれます。

これがディレールメントです。パワーハラスメントにおよぶ上司にいわゆる“やり手”タイプが多いのも、自らの力を過信するあまり過剰な行動を正当化し、省みようとしないディレールメントが、パワハラという形で現れたと見ることもできます。

ディレールメントが組織にとって厄介なのは、リーダーとして伸ばしたい高業績者ほど陥りやすく、また普段は抑制されていても、責任のある地位に就くと問題行動を起こしやすいという点です。米国における先行研究では、優秀な人材の実に95%が行動上の悪癖をもっていることがわかっていて、これを是正するために、ディレールメントを評価基準とした人材開発・管理手法が開発されています。具体的には高業績者のマイナス面を分析、モデル化し、本人はもちろん全社的にもそうした問題行動をとらせないように指導するものです。コンピテンシーが高業績者のプラス面を加点方式で評価するのに対して、ディレートメントによるアセスメントではマイナス面に注目して減点方式をとるのが特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コンピテンシー
社員の能力開発および採用面接におけるミスマッチ防止のため、「コンピテンシー」を重視する企業が増えています。一方で十分に理解しないまま導入してしまうと、人事制度に大きな影響を与えます。ここでは、コンピテンシーの概要や導入のメリット・デメリットをはじめ、コンピテンシーモデルの作成方法、コンピテンシー面接...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
ロールモデル
「ロールモデル」とは、自分にとって、具体的な行動や考え方の模範となる人物のこと。人は誰でも無意識のうちに「あの人のようになりたい」というロールモデルを選び、その影響を受けながら成長するといわれます。

関連する記事

9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数。
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
8割を超える企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実践できている企業は3割に満たない
「戦略人事」が重要であるかを聞いたところ、「当てはまる」(54.5%)、「どちらかというと当てはまる」(30.3%)を合わせて84.8%と、8割を超える企業が戦略人事の重要性を認識している。一方実践できているかどうかを聞いたところ、「当てはまる」は7.3%と少...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準
採用成功のカギは「採用基準」の明確化にあり!自社の求める人材像を徹底的に分析することのメリットとは?
2016/07/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

コンピテンシー評価について
コンピテンシー評価において、「自己評価」をするかしないか悩んでおります。 コンピテンシーは抽象的な評価項目が多い為、自己評価を入れると個人の性格によってブレてしまうのではと考えています。 この点について、アドバイス頂きたく、宜しくお願い致します。
人事(行動)評価と懲戒処分について
当社の人事評価制度では、行動評価の対象範囲を、業務上の行動に限定し、業務外のプライベートな行動は評価対象外として整理していますが、業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で、就業規則に基づく懲戒処分を付した場合でも、その行為(事実)は当該年度の行動評価の対象として評価を行うべきなのでしょうか。
社員旅行での自由行動と会社の管理責任について
この度、全額会社負担で社員旅行に行くことになり、幹事を担当することになりました。 行き先は国内、日程は2泊3日の予定で、2日目は完全に自由行動とする予定ですが、 その際の行き先や行動予定を社員に申告させる必要はあるでしょうか? 検討する中で賛否両論出ており、判断に迷っています。 〈必要派の意見〉  ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...