【ヨミ】マッチングギフト マッチングギフト

「マッチングギフト」とは、企業や団体などが社会貢献を目的として寄附や義援金を募る際、寄せられた金額に対して企業側が一定比率の額を上乗せし、寄附金額を増やした上で寄附する上乗せ贈与制度のことです。近年、企業が従業員の募金活動を金銭的にサポートするしくみとして導入するケースが増えており、会社が従業員からの寄附金と同額(上乗せ率100%)を拠出して、支援に厚みを持たせる形が多くとられています。
(2011/7/11掲載)

マッチングギフトのケーススタディ

社員の善意を倍にする社会貢献の形
震災支援で導入する企業が急増

東日本大震災の被災者を支援する企業の取り組みとして、マッチングギフト制度による義援金の寄付を行う動きが広がっています。ソニーグループは震災発生からわずか2日後の3月13日に、国内外のグループ従業員から義援金を募り、その同額を会社からも拠出するマッチングギフトの実施を発表しました。被災地の東北地方は、古くからソニー関連の製造事業所が集まっている、グループにとって最も重要な生産拠点のひとつ。多くの従業員やその家族も被災していることから、同社ではいち早く支援に動き、義援金の寄附を決めました。

通信建設大手の日本コムシスでも、震災発生直後から従業員による自主的な募金活動がスタート。これを受けて会社も、従業員から集まった募金と同額をマッチングギフトとして拠出し、日本赤十字社を通じて被災地の復旧・復興に役立てていくことを決定しました。ほかにも積水化学グループや参天製薬、スイスに本拠を置くヘルスケア大手のノバルティスなど、多くの企業が同制度を活用した支援活動を展開しています。

企業におけるマッチングギフト制度の導入事例は、今回の大震災以前からありました。特に景気が上昇局面に入り、企業の社会貢献活動も活発化した2003年以降、従業員のボランティア活動への参加を促進・支援する施策として、ボランティア休暇の導入などとともに急速に普及しました。日本経団連が、会員企業など1,306社を対象に企業の社会貢献活動の実態を調査した「2009年度社会貢献活動実績調査結果」によると、マッチングギフトをすでに導入している企業は81社で、回答した354社の2割以上にのぼっています。たとえばキユーピーには、従業員による社会・環境団体への寄附活動を支援するマッチングギフト、「QPeace」(キユーピース)があります。参加を希望する従業員から、毎月100円をひと口として寄附金を給与天引きし、これに会社も同額を上乗せして寄附を行う制度。寄附対象の団体も、従業員による選出・投票で決定されます。

日本ではこのように従業員が寄せた寄附金に対して、企業も寄附金を上乗せするという手法が一般的ですが、海外ではお金に限らず、従業員が地域のNPOなどでボランティア活動に参加すると、活動した時間や内容に応じて企業がその団体に寄付を行うという形のマッチングギフトもあります。従業員は自らボランティアを行い、会社がそれに寄附金をマッチングすることによって、企業は人とお金の両面で社会貢献を進めることができるのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード