企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】インディペンデントコントラクター インディペンデント・コントラクター

サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org)というNPO法人が設立されており、新しい働き方として広がりつつあります。
(2004/10/15掲載)

インディペンデント・コントラクターのケーススタディ

複数の会社と契約して
高度な専門性や技術を売る

インディペンデント・コントラクター(IC)協会」の理事長を務める秋山進さん(41歳)は現在、8つの会社と契約して、経営企画やマーケティングなどの仕事を掛け持ちしています。

「リクルートの社員だった時代に経営秘書のような仕事や新規事業の開発などにかかわっていて、そのような中で身についた技術を基にICとして独立しました。私は自分のことをICであり、『ホワイトカラー職人』だと思っているんです」(『ビジネス・インテリジェンス』2004年7月号インタビュー)

秋山さんのケースに見るように、ICはフリー業者やSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)と似た部分がありますが、少し違うのは、下請け的な仕事よりも経営企画のように高度な専門性や技術を会社側から求められる場合が多いことです。契約を結ぶ際も、会社とICの立場はあくまで対等。会社へ労働時間を提供して賃金を得るのとも違って、自分の専門性や技術を会社へ期限付きで提供し、売るわけです。

会社側が「個人のICと仕事の契約はできない」と言うかもしれません。その場合は、「社員が自分一人だけの有限会社をつくったりすればいい。実際、私も4年前にそうしました。自宅を有限会社の事務所としただけです」と秋山さんは言います(前掲書)。また、会社をつくるなら社員を雇うことも考えられますが、ICは法人化してもそれをしません。社員への給与を賄う必要が出てくると、ともすればやりたくない仕事でも引き受けざるを得ない状況になるかもしれないからです。誰にも雇われない、誰も雇わない――のがICの基本姿勢であり、この点でも職人気質と言えます。

最近では会社が事業の一部をアウトソーシングする流れも出てきました。今後、ICの活躍の場が増えるのは間違いないでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

キャリア・アンカー
「キャリア・アンカー」とは、アメリカの組織心理学者エドガー・H・シャイン博士によって提唱されたキャリア理論の概念。個人がキャリアを選択する際に、自分にとって最も大切で、これだけはどうしても犠牲にできないという価値観や欲求、動機、能力などを指します。船の“錨”(アンカー:Anchor)のように、職業人...
ジョブ・クラフティング
「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で...
業務請負
深刻な人材不足を解決する手段の一つとして、アウトソーシングを活用する企業が増えています。一連の業務を一括して外部の事業者に任せる「業務請負」を導入するケースも多いようです。ただし、法律や運用方法をよく理解せずに進めると、偽装請負と判断されることもあるため、注意が必要です。業務請負はアウトソーシングの...

関連する記事

秋山進さん 「インディペンデント・コントラクター」活用で企業は伸びる
組織から独立して複数の企業と業務単位の契約を結び、採用業務や株式公開など専門性の高い仕事を期限付きで請け負う――そんな「インディペンデント・コントラクター」(IC)という新しい人材が注目を浴びています。「IC協会」(NPO法人)の理事長・秋山進さんが、企業がI...
2004/11/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第40回 「外部プロ人材(IC)」を有効活用する方法(前編:解説) ~「雇われない、雇わない」働き方=「IC」への期待とその効果
リーマンショック以降、厳しい経営環境が続く中にあって、人材をいかに有効活用していくかが、企業経営の大きなカギを握るようになってきた。事実、雇用形態の多様化を進め、外部の専門性の高いプロ人材を活用するケースが増えてきている。そして近年、その一形態である「IC(I...
2010/08/30掲載人事マネジメント解体新書
人材紹介会社の実情は──? 本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応えていかなく...
2009/11/30掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
契約社員の有給休暇について
仕事の都合で、契約期間を6か月と5日にしないといけないのですが(再契約はない予定)、この場合の有給休暇は契約期間を超えてもあげないといけないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

メンタル対応可能な産業医を紹介します Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...