企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンザイポートフォリオ 人材ポートフォリオ

「人材ポートフォリオ」とは、事業活動に必要な人材タイプを明確化した上で、組織内の多様な人的資源を分類し、どの人材タイプがそれぞれ何人いるか、あるいは必要となるかを分析したもの。企業戦略や目標を実現するために最適な人材タイプの組み合わせを設計するのが目的で、採用や育成を含めた中・長期の戦略的HRMの立案・実行に欠かせないツールとして注目されています。
(2010/11/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材ポートフォリオのケーススタディ

人材という“資産”の構成を可視化し
戦略的人材マネジメントの指針を示す

「ポートフォリオ」という言葉を最もよく目にするのは、投資や資産管理、資産運用など金融・財テク関連でしょう。もともとの意味は書類を挟んで持ち運ぶ「紙ばさみ」のこと。有価証券の保管・携帯に使われたことから「有価証券一覧表」を指すようになり、さらに個人や企業が保有している株式や債券などの「資産構成」をポートフォリオと呼ぶようになりました。人材ポートフォリオもまた、企業にとって戦略達成に必要な人材という“資産”の構成を可視化するものです。人材を最大限に活用するためには、資産運用でリターンやリスクの異なるさまざまな金融商品を組み合わせるように、ポートフォリオの視点から、企業戦略に直結した戦略的な人材マネジメントを行うことが求められます。

ひとくちに「必要な人材」といっても、組織が人材に求める役割や行動は一律ではありません。正規従業員に長期雇用を保証する代わりに、臨機応変の対応を期待するだけでは、もはや企業戦略を達成できないのは明白です。また雇用形態の多様化が進む職場の場合、正社員と派遣社員に求められる役割が同じでは、正社員のモチベーションが低下したり、派遣社員から待遇面の不満が出たりするなど、職場全体の生産性のダウンにつながりかねません。さまざまな人材タイプを、それぞれ資質や貢献のあり方に応じて効果的に配置・配分することではじめて目的が実現される――そうした人材タイプの組み合わせを最適化するのに効果的な手法が人材ポートフォリオです。

人材マネジメントをポートフォリオで考える場合、人材は「戦略達成のためにどのような役割を果たすことが求められるか」によって分類されます。たとえば「エグゼクティブ型」「マネジャー型」「スペシャリスト型」「オペレーター型」などのタイプで分けたり、職務の難易度・専門性と貢献期間から「コア業務」「専門職」「継続的定型業務」「時期的定型業務」に区分したりするといった手法があります。こうして人材タイプを整理分類することで、どのタイプの人材に重点投資するか、あるいはどのタイプに正社員を充て、どのタイプにアウトソーシングの活用を検討するかなど、戦略的人材マネジメントのフレームワークが明確になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
ヘッドハンティング
ある企業の優秀な人材を他の企業がスカウト(引き抜く)すること。外資系企業では以前から人事戦略の一環として頻繁に行われていましたが、近年は企業の依頼に応じてヘッドハンティングを専門に手がける人材ビジネスが注目されるなど、広く企業社会全体に浸透しつつあります。

関連する記事

研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第89回 長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【前編】
企業間競争が激しさを増す中、企業には自社固有の経験と高い能力を持った人材、いわゆる「コア人材」の確保・育成が求められている。実際、さまざまな企業がそのために施策に取り組んでいるが、早期登用や外部採用などではなく、長期雇用を前提としたコア人材の確保・育成や、キャ...
2015/12/07掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第61回 見直しが求められる「人材開発部門」の役割・機能(前編) ~企業と従業員のニーズの変化にどう対応していくか
企業の「人材開発部門」には、変革を推進していく担い手として、経営に貢献できる人材開発のプロとしての役割・機能であることが求められている。 『前編』では、人材開発部門に変化対応が求められている背景と、企業における人材開発の現状を見ていくことにする。
2013/01/11掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...