無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】リーダーシップパイプライン リーダーシップ・パイプライン

「リーダーシップ・パイプライン」とは、会社の変革・発展を導くリーダーを組織全体で体系的に育成しようとする考え方です。燃料がパイプラインを流れるように、ボトムからトップまで組織の各階層・世代間でとぎれることなく、連綿とリーダーを輩出するためのしくみづくりを指し、ゼネラル・エレクトリック(GE)をはじめ、ディズニー、メルクなど、人材育成に力を注ぐ米国の先進企業が採用していることで知られます。
(2010/11/8掲載)

リーダーシップ・パイプラインのケーススタディ

“リーダーを育むリーダー”の連鎖をつくる
「7・2・1の法則」に従って経験と薫陶を

企業の創業者や“中興の祖”と呼ばれる経営者はほぼ例外なく、カリスマ的なリーダーシップの持ち主です。しかし、そうした強力なリーダーが一人存在するだけでは、創業者が亡くなったときや、中興の祖がリタイアしたとき、企業の成長はたちまち行き詰まり、ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)さえ危うくなります。事業分野を問わず、すべての組織階層でリーダーシップが醸成され、次代の、次々代の……とトップ候補がたえず送り出されるリーダーの補給線――リーダーシップ・パイプラインの構築が求められるゆえんです。

優れたリーダーを、社内から安定的に“調達”するにはどうすればいいのか。「リーダーシップは生まれながらの資質であり、それを持つ人材は放っておいても自然と頭角を現すものだ」と考える人も少なくないでしょう。しかし変化へのスピーディーな対応が求められる現在のビジネス環境では、人が育つのを気長に待つ余裕はありません。GEの前会長兼CEOのジャック・ウェルチ氏は、「われわれが経営しているのは、優秀なリーダーを育て上げるための人材工場なのだ」と断言しているほどです。

ではリーダーを、誰が、どう育て上げればいいのか。リーダーシップ・パイプラインの概念に詳しい神戸大学の金井壽宏教授は、「マネジャー(管理者)は人事部でも教育できるが、リーダー(指導者)、とりわけ変革型のリーダーは実際に変革を起こした人物にしか育てられない」と指摘します。たとえば最高経営責任者(CEO)が革新性にすぐれた事業部長クラスのジェネラルマネジャー(GM)を育て、GMが部長クラスを、部長が課長クラスを、課長が現場の指揮官を育てるという構図――金井教授によれば、こうした組織内での“リーダーを育むリーダー”の連鎖こそが「リーダーシップ・パイプライン」にほかなりません。現に先述のウェルチ氏は、どんなに忙しくても週1回は社内研修所の教壇に立ち、自ら経営幹部候補を指導していました。そして彼の薫陶を直接受けたリーダーたちもそれぞれの事業分野で、より若い世代のリーダーを育てることに心血を注いだのです。トップ以下すべてのレベルのリーダーが、「次のリーダーを育てること」を自らの最優先課題と心得なければ、リーダーシップ・パイプライン開発の成功はあり得ないということです。

米ロミンガー社の行った調査で、すぐれた経営リーダーたちに、リーダーシップを発揮できるようになるまでにどのような出来事が有益だったかを聞いたところ、7割が仕事上の経験、2割が薫陶(上司や顧客、取引先の経営者からの影響)、研修やセミナーが占めるウェートは1割程度でした。「リーダーの育成に熱心な米国企業なら、どこでもこの“7・2・1”という経験則を耳にする」と、金井教授は言います。リーダーの育成に関しては、研修やトレーニングをどう設計するか以上に、誰の薫陶の下に、どのような実地の経験を積ませるのかが、重要な課題として注目され始めているようです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード