企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サンカクガッペイ 三角合併

2007年5月1日に解禁された法律で、親会社が子会社を通じて別の会社を吸収合併する手法です。組織再編に買収側の親・子会社と買収対象会社の三者がかかわるため、三角合併と呼ばれます。合併される側の株主は、その対価として相手の親会社の株式を受け取ります。外国企業が日本企業を買収する場合、日本に設立した外国企業の子会社と日本企業を合併させ、日本企業の株主に外国企業の株式を割り当てます。
(2007/5/21掲載)

三角合併のケーススタディ

日本経済の活性化に期待する一方、
企業の約46%が敵対的買収を懸念

昨年施行した会社法の目玉とされながら、経済界の反発を受けて先送りされていた三角合併を今回認めたのは、海外からの対日直接投資を増やし、日本経済を活性化する狙いがあるためです。外国企業が日本企業に対しM&Aを行う場合は、TOBなどの方法がありますが、三角合併を行えば日本企業を100%子会社化することができます。経済界が反発していたのは、こうした外資による敵対的買収を懸念したからです。

政府は外国企業が日本企業の株式を10%以上取得する際に必要な事前届出の対象分野の範囲を拡大し、安全保障・技術流出の両方の保護策を表明しました。

この他にも、外国企業が三角合併を行うには厳格な情報開示が求められています。外国の非上場企業は日本での知名度は皆無に等しく、どんな会社であるのか、企業価値はどの程度あるのかなど、株主が知りたい情報は多岐に渡ります。そのため、外国企業は事業や財務状況、株価の動向に加え、上場している証券市場・証券会社の情報や定款、議決権総数などを日本語によって開示することが義務付けられています。

日本企業と外国企業双方の日本における組織再編の選択肢を増やし、企業競争力を向上させるといった前向きな見方もあります。また、合併される会社の取締役会の賛同を経て、株主総会でも3分の2以上の賛成が必要という条件があるため、三角合併が敵対的買収に使われにくいという意見もあります。日本企業がグローバル化を目指していくには、三角合併を利用し世界のトップ企業の傘下に入ることも有効かもしれません。さまざまな相乗効果がもたらされ、未知なる成功を手にする可能性もあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ダイナミック・ケイパビリティ
「ダイナミック・ケイパビリティ」とは、環境の変化に合わせて保有するリソースを組み替え、適応するように自己変革していく能力のことを意味します。既存の資産や資源、知識などを再構築し、持続可能な競争優位性を作り上げていく経営戦略のフレームワークの一つで、未来を見通すことが困難な時代に必要な経営能力として知...
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...
専ら派遣
派遣労働者の派遣先を特定の一社または複数社に限定すること。「労働者派遣法」で禁止されている違反行為です。

関連する記事

池上彰さん あなたの会社が「敵対的M&A」に巻き込まれたとき
自分の会社がいつ買収されるか知れない時代、いざ買収されてもそこで生き残ることができるように、今から何をしておくべきなのか。近著『あなたの会社は狙われている!?』(講談社)で、企業のM&Aをわかりやすく解説した池上彰さんに聞きます。
2005/06/20掲載キーパーソンが語る“人と組織”
莫邦富さん 「中国進出」の日本企業が成功する条件
今後、日本企業が中国に根を張った成功を収めるためには、課題も少なくありません。たとえば、現地の有能な人材をどうマネジメントしていくか。アメリカなど他の国の企業に比べると日本企業は、中国人の社員を経営層に抜擢したり、その能力を十分に引き出したりするケースが少ない...
2005/04/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”
実は不安の裏返し? 採用条件に細かい外国人求職者
日本で働く外国人が増えているが、それに伴って、国内で転職するケースも増えてきている。転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用する。その割合は、日本人よりも高いかもしれない。もともと海外では、日本に比べて人材紹介の普及率が高く、外国人が利用することに慣れて...
2010/02/22掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

親会社の取締役は海外子会社の監査役を兼務できるのでしょうか
親会社の取締役は、海外(中国)の子会社の監査役(監事)を兼務できるのでしょうか? ※海外(中国)の子会社は、親会社の100%出資子会社です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...