無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】マッチョイズム マッチョイズム

「マッチョイズム」とは、男らしさを重んじる思想のこと。スペイン語で、家庭や職場などで男性が優遇されていることを示す男性優位主義のことを「マチスモ」と言いますが、これに英語の「イズム(主義)」を合わせ、マッチョイズムという和製単語ができました。マッチョイズムはジェンダー研究の中でさまざまな説明がなされていますが、職場においては「弱みを見せない」「仕事が最優先」「競争をいとわず、勝つことにこだわる」といった要素が男性らしさの規範と考えられています。多様性や女性活躍推進が求められる社会の中で、マッチョイズムの課題や弊害が指摘されるようになってきました。

マッチョイズムのケーススタディ

レースから降りられない人々
マッチョイズムに適応する特権とコスト

近年、「男性の生きづらさ」について語られるようになってきました。1985年の男女雇用機会均等法に始まり、育児休業法、パートタイム労働法、女性活躍推進法など、これまでは女性労働者が社会進出をするときに不利益を被ることがないよう、社会の制度整備が進んできました。しかし近年は、男性もまた男性優位主義社会の中で苦しんでいることが指摘されるようになってきています。

これまで日本社会は「男性は仕事、女性は家庭」といった性別分業の意識が強く、“男性”を中心に社会がデザインされてきました。企業の中ではフルタイム勤務の正社員で、残業も転勤もいとわない「仕事中心」の価値観を持つ人材が好まれ、それが出世コースに乗るための条件でもありました。男性は一家の大黒柱であることが期待され、昇進・昇給といった面でも女性より優遇されるなどのメリットがありました。

しかし、こうした状況にはコストも伴います。2022年の日本の平均寿命は、男性が81.47年、女性が87.57年と、男性のほうが約6年短くなっています。マッチョイズムに適合するために行った過重労働や希薄な人間関係が影響していることも考えられるでしょう。男性の自殺者が女性と比較して約2倍と高いことも、男性が負っているコストの高さがうかがえます。

多様性や個別配慮が求められる現在は、性別分業意識が若年層ほど薄くなり、育休世代を中心に男性の家事・育児への参画意識は高まっています。それでも、育児休暇や時短勤務といった制度を男性が利用することに否定的な態度を示す人がいまだに多く存在し、パタニティ・ハラスメントがたびたび問題になっています。マッチョイズムが美徳という時代からの転換にはもう少し時間がかかりそうです。

参考:令和3年簡易生命表の概況|厚生労働省

企画・編集:『日本の人事部』編集部

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「マッチョイズム」に関する記事

「マッチョイズム」に関する人事のQ&A

正社員とパートの年休付与日数の差が不合理な待遇にあたるのか

当社の正社員就業規則の年休付与日数は、
勤続1年目13日、2年目17日、3年目18日、4年目19日、5年目20日
となっています。

これとは別にパートタイマー就業規則では、
労基法通りの付与日数を定...

ひろあさん
福岡県/ 販売・小売(従業員数 11~30人)
2021/10/28 17:54 ID:QA-0109160 労務・法務・安全衛生 解決済み回答数 5 件

人材開発支援助成金における部内講師の資格の定義について

IT企業の人事担当です。
今期より、社内研修専用の人材を採用し、この人材を講師として研修を実施できる運びとなりました。
質問の内容ですが、厚生労働省のパンフレットには、人材開発支援助成金における部内講...

TPS人事部さん
東京都/ 情報サービス・インターネット関連(従業員数 301~500人)
2022/10/18 17:41 ID:QA-0120131 助成金 回答終了回答数 1 件

キャリアアップに資する教育訓練の計画変更について

お世話になります。

労働者派遣事業の許可申請におけるキャリアアップに資する教育訓練につきまして、許可申請時に作成した教育計画の変更を検討しています。

弊社の派遣労働者より、教育計画に記載している教...

Y.Yさん
福井県/ 情報処理・ソフトウェア(従業員数 11~30人)
2022/10/07 10:38 ID:QA-0119806 育成・研修 回答終了回答数 1 件

「マッチョイズム」に関する書式・テンプレート