企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クロジリストラ 黒字リストラ

「黒字リストラ」とは、好業績であっても将来的なリスクを見越して、組織をリストラクチャリング(再構築)することをいいます。いわゆる“リストラ”は業績不振とともに行われる人員削減ですが、黒字リストラは立て直しのための人員整理というより、人員の新陳代謝を目的として行われます。年功序列をもとにした賃金体系により、多くの日本企業がミドルシニア層の人件費にコストを割いています。これを若い世代に再分配することで、健全な組織風土を醸成させることが狙いの一つです。ただし、年齢が若ければ安泰ということではありません。実力主義の風潮を強める一手と言えるでしょう。

黒字リストラのケーススタディ

増える黒字リストラ。年功序列から実力主義へ

終身雇用制度はかつて、日本が世界に誇る従業員のエンゲージメントを高めるための仕組みでした。しかし、それも過去のこと。2019年4月には、日本経済団体連合会(経団連)の中西宏明会長が「終身雇用制の見直し」を言及し、時代の変化がより鮮明になりました。この2019年は、過去に例を見ないほどの「黒字リストラ」が行われた年でもあります。

東京商工リサーチの調査によると、2019年1~11月に早期・希望退職者を募集した上場企業はのべ36社。対象人数は1万1351人。過去20年で社数、人数ともに最少だった2018年(1~12月)と比べると、社数は12社から36社で3倍増、人数も4126人から1万1351人と3倍近い増加となっています。日本経済新聞は、早期・希望退職者を募った上場企業35社のうち、57%にあたる20社の通期最終損益が黒字だったと報じています。

製造業や繊維小売など、主力商品の不振により事業や人員の見直しを迫られた企業もあれば、製薬業界や飲料メーカーなど、業績が堅調な大手企業でも、将来的なリスクに鑑みた「先行型」のリストラが増加しました。

黒字リストラをポジティブに捉えると、年功序列から実力主義への構造改革の一手と見ることができます。人材の選択と集中を行うことによって、指示待ち人材ではなく主体的に動ける自律型人材を増やしていくという考えです。

一方、黒字リストラを日本経済の先細りを示すものと捉える専門家もいます。黒字リストラは簡単に利益を上げるための施策と取ることもできるからです。コストのかかる従業員を手放すことで、事業開発をしなくても簡単に利益を押し上げることができます。ただし、それは一時的なカンフル剤に過ぎず、中長期的に収益を上げ続けることができる仕組みではありません。目先の経営効果を期待した黒字リストラを懸念する見方もあるようです。

・参考
2019年(1-11月) 上場企業「早期・希望退職」実施状況(東京商工リサーチ)

「黒字リストラ」拡大、19年9100人 デジタル化に先手(日本経済新聞)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる1
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが考えさせられるでオススメしました
東京都 情報サービス・インターネット関連 2020/03/10

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

あわせて読みたい

リストラ
日本では、「リストラ=解雇」のイメージが浸透しています。しかし、本来はrestructuring(組織再編)が原義であり、経営資源の集中や再編成により収益構造を改善する事業再構築の考え方を指します。つまり、解雇による人件費の削減は、経営効率の向上を目指すリストラの一つの手法という位置づけになります。...
追い出し部屋
「追い出し部屋」とは、会社が募集する希望退職に応じないリストラ対象社員を集めて、自己都合退職に追い込むといわれる部署の通称です。業績の不振から大規模なリストラを進める大手電機メーカーを中心に設置されているといわれ、2012年12月に朝日新聞がその存在を報じて以来、大きな議論を呼んでいます。報道によ...
アウトプレースメント(再就職支援)
人員整理を行う企業の依頼を受け、対象者に再就職先の紹介や斡旋、コンサルティングを行うこと。また、そのような支援を行う会社自体を指すこともあります。

関連する記事

優秀な人材ほど流出する リストラと人材紹介
大企業の再生計画のニュースが報じられると、同時に話題となるのが「リストラ」、つまり人員削減だろう。リストラが行われそうだと知ると、先手を打って自力で転職しようという人が増えるので、人材紹介会社にとっては好機と言える。しかしそれは一方で、リストラの難しさを物語っ...
2016/03/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
梅森浩一さん 「外資のまねをした人事制度改革は失敗する」
外資のまねをした日本企業の中には、新しい人事制度がうまく機能せず、社員の活力も出ないと悩んでいるところが少なくありません。なぜでしょうか。人事のプロフェッショナルとして、4つの外資系企業に勤務したコンサルタント・梅森浩一さんが分析します。
2004/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としてはありがたい傾向だが、ベテランには若手や中堅とはまた違う配慮も必要で――。
2017/05/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

公務員のリストラ
公務員(具体的に書けば市役所職員)は、どのような場合、リストラが合法でしょうか。もちろん懲戒項目のような違法行為は当然でしょうが、市の財政状態が良くないが故のリストラはどうなんでしょうか。
リストラについて
いつも的確な回答ありがとうございます。業務に大変役に立っています。さて、今般弊社で当社の存続にも関わるリストラを行う予定ですが、対象者への対応について再就職まで面倒みるべきか、可能なかぎり支援するが自分で探せ とすべきか、教えてください。弊社建設コンサル業でこれに関する予算はないです。
守秘義務の取得について
お世話になります。 質問させていただきます。 一般的にリストラを実施する際、実行メンバーから守秘義務を取得するものでしょうか。 無いとは思うのですが、リストラについて議論した重要事項を、実行メンバー人が、 社内で話してしまう等のリスクを防ぎたいとう趣旨からです。 恐れ入りますが、ご教授いただきた...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...