無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】スイミンケンシュウ 睡眠研修

「睡眠研修」とは、健康経営の一環として、組織が従業員の睡眠の量や質を向上するために導入する研修のこと。従業員が十分な眠りを確保できなければ、就業中に睡魔に襲われたり、メンタル不調につながったりと、さまざまな面で悪影響を及ぼします。起こりうるリスクの回避とコスト削減、そして生産性向上につなげるため、研修を行って睡眠の改善を行う企業が増えています。

睡眠研修のケーススタディ

生産性への影響も
企業が考えるべき従業員の「睡眠」

寝つきが悪い、睡眠時間が短い、昼夜逆転――ビジネスパーソンにとって睡眠に関する悩みは、労働と密接に関わっています。なぜなら、睡眠の量や質は、仕事の生産性に大きな影響を与えるからです。

睡眠の悩みは、大きく二つに分けられます。一つは、不眠や過眠といった睡眠障害によるもの。もう一つは、睡眠の習慣によるものです。前者は専門家による診断のもとで治療が必要ですが、後者は個人の意識によって改善することが可能です。企業が実施する睡眠研修は、主に後者の「習慣」の改善を目的として行われます。

スリープテック事業を展開する株式会社ニューロスペースが2019年1月に発表した調査によると、ビジネスパーソンのうち、自分の睡眠に「全く満足していない」「あまり満足していない」と回答した人の合計は74%にのぼりました。また、「毎日」仕事中に眠気を感じることがあると答えた人は15%で、「週に1~2回」以上眠気を感じる人の割合は76%。企業成長の観点においても、睡眠課題が大きな影響を及ぼすことがわかります。

では、どのような企業が実際に睡眠研修を導入しているのでしょうか。例えば、吉野家ホールディングス。24時間営業の飲食店の場合、従業員は不規則なシフトで勤務しなければなりません。昼に働くこともあれば、深夜に働くことも。こうした従業員に向けて、同社では睡眠データを分析し、生活習慣の改善方法などを指導しました。また、従業員を対象にした窓口「吉野家専用・睡眠相談窓口」を設け、睡眠の質向上を継続的に取り組める仕組みをつくっています。

また、2016年に睡眠研修を導入した株式会社ディー・エヌ・エーでは、研修を受講した人の66%が「睡眠が改善した」と回答しました。同社は睡眠だけでなく、食事や運動の観点からも健康経営を行っていますが、その中でも睡眠に関するセミナーは人気が高いといいます。睡眠の質を向上させ、個人にとっても組織にとっても良い状態をつくる睡眠研修は、今後さらに注目を集めそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
テーマ別研修の目的・テーマ例・留意事項

事業展開と課題から必要な研修テーマを決定します。テーマには「グローバル研修/コンプライアンス研修/リーダシップ研修/ダイバーシティ研修」などがあります。
ここでは、研修テーマの設定、テーマ研修例の解説、研修の運営上の留意事項などを盛り込み整理しました。

ダウンロード
研修カリキュラムのテンプレート

研修を企画する際のテンプレートです。社員に自身で研修を企画してもらうときの必要要素を備えています。テーマは多岐にわたりますので、場面に応じて編集したたき台としてください。

ダウンロード

関連するキーワード