ニュース
書籍 その他
掲載日:2015/10/14

『誤解だらけのマイナンバー対策』(萩原 京二:著)幻冬舎から刊行
~外注システム、社労士などに依存せず、社員の個人情報を徹底管理する方法~

株式会社幻冬舎メディアコンサルティングは、萩原 京二:著『誤解だらけのマイナンバー対策』を刊行しました。

 

■内容紹介

2016年1月から開始するマイナンバー制度。税と社会保障の公平性を実現するだけでなく、健康保障証や運転免許証、パスポート番号等の一元化による手続きの簡略化など、個人の生活においても様々なメリットが期待される一方で、全従業員のマイナンバー管理が必須である企業に対しては厳格な安全管理措置が求められています。

しかし、マイナンバー制度の認知度の高まりに対して適切な対策を講じている企業は非常に少ないのが実情で、「マイナンバーが通知されたら、会社は速やかに社員から個人番号を収集しなければならない」「業務の一部を税理士や社労士に委託している場合は安心である」といった、間違った知識ばかりが広がっている状態です。万一、番号を不正に扱い漏えいさせた場合、最高で4年以下の懲役または200万円以下の罰金を科せられ、実際に被害を受ける人が出てしまった場合には会社の社会的信用が失墜するばかりか訴訟問題や不買運動に発展するなど、企業に与える被害は甚大です。

最適なマイナンバーの管理方法は会社の規模や業務内容によって大きく異なり、「自社に合わせた制度構築」が必要となります。本書では、この管理方法を28パターンに分け、パターンごとの流出リスクがある業務の確認、社内の管理体制の構築、取扱いルールの作成、苦情・相談窓口の設置法などを、分かりやすく解説します。

 

■書籍概要
誤解だらけのマイナンバー対策

著者:萩原 京二
価格:800円(税抜)
ISBN:9784344973329
初版発売日:2015/10/14
仕様:新書192ページ

 

■目次
第1章:懲役、罰金、社会性信用度の低下―――知れば知るほど恐ろしいマイナンバー漏えいリスク
第2章:知らないでは済まされないマイナンバー対策の落とし穴
第3章:組織体制を整備する前にマイナンバーを集めるな!
第4章:マイナンバーにきちんと対応すれば会社にも大きなメリットがある
第5章:漏えいリスクを徹底分析。マイナンバー対策のルールはこうして作る!
第6章:社員の意識向上と継続的な組織改善で、漏えいゼロ企業を目指す
第7章:社員100人以下の中小企業にシステムは必要ない!
【特別付録1】これだけは知っておきたい「マイナンバー基本Q&A」
【特別付録2】28のパターンで一目瞭然!あなたの会社のマイナンバー管理リスクはここだ。

 

■著者紹介
萩原 京二(はぎわら きょうじ)
一般社団法人DCAPマネジメント協会代表理事
株式会社全就連代表取締役
マイナンバー管理運用コンサルタント・社会保険労務士

早稲田大学法学部卒。東洋大学大学院博士前期課程修了。「組織作り」「ルール作り」「風土作り」のプロフェッショナルとして、社員数300~1000人規模の中堅企業のコンサルティングを専門とする。マイナンバー対応に関してシステム会社が自社の商品を販売するために偏った情報しか提供していないことに疑問を感じ、中小企業に正しい情報を提供することを決意。マイナンバー対応を28のパターンに分類し、会社の規模や管理体制に合わせたコンサルティング手法を開発。その考え方を全国の中小企業に伝えるために、社会保険労務士の仲間とともに「中小企業のマイナンバーを守る会」を設立し代表に就任。マイナンバー対応に関する正しい情報提供と適切な管理運用ができる実務家を育成する事業を展開中。

 

◆本書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング http://www.gentosha-mc.com/ /10月発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。