企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス その他人事サービス
掲載日:2011/07/15

産労総合研究所、2010年度 モデル退職金・年金制度調査

定期刊行誌「賃金事情」を刊行するシンクタンク機関の株式会社産労総合研究所(東京都千代田区、代表 平盛之)では、2010年度モデル退職金・年金制度に関する調査を行い、その結果を公表いたしました。

調査対象 
全国1・2部上場企業と過去に「モデル退職金・年金調査」に回答のあった当社会員企業から任意に抽出した3,000社
調査時期 : 2011年2月下旬~4月中旬
回答状況 : 回答のあった125社について集計


■ 調査結果ハイライト
モデル退職金とは、最短年数で進学し、学校卒業後ただちに入社し、その後、標準的に昇進・昇格した者を対象として算出した場合の退職金をいう。


2010年度 大学卒定年モデル退職金は1,800万円台と過去最低水準に
モデル退職金統計は、一時金部分と年金部分とに分けて表示されるが、水準の検討の際は、これらを合計した退職金総額でみるのが一般的である。

今回の調査結果から、定年の場合の退職金総額(以下、「モデル定年退職金」という)をみると、次のとおりとなる。

大学卒・総合職 1,805万円(33.9ヵ月)
高校卒・総合職 1,733万円(35.2ヵ月)

これを前回2007年度調査の結果と単純に比較すると、大学卒で11.7%減、高校卒で8.9%減と、いずれも大きく落ち込んでいる。

続いて、業種別の総合職のモデル定年退職金をみると、製造業、非製造業の区分では以下のとおりとなった。

製造業     大学卒 1,977万円 高校卒  1,650万円
非製造業 大学卒  1,674万円 高校卒 1,797万円

※ 詳細データは「賃金事情」2011年の6月20日号にて掲載しています。


◆ 本リリースの詳細はこちらをご覧ください。


株式会社産労総合研究所 http://www.e-sanro.net/ /7月13日発表・同社プレスリリースより転載

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
その他人事サービス(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会