無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス その他人事サービス
掲載日:2021/03/17

デジタル化を進めている企業が、多くの雇用を創出

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社 (本社・東京都港区、代表取締役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、デジタル化と雇用の関係を調査した結果をベースに作成した労働白書「スキル革命」シリーズの第四弾「スキル革命、再び̶3つのR、RENEW(再構築)、RESKILL(新たなスキル獲得)、REDEPLOY(再配置)」を発表します。本労働白書は、「コロナ禍における自社のデジタル化・オートメーション化計画と雇用」「新型コロナウイルス感染拡大を受けて、人事の優先課題がどのように変化しているか」等を、日本を含む世界各国の雇用主26,000人以上に調査した結果がベースとなっています。


■マンパワーグループの労働白書「スキル革命」シリーズ
2020年は、大規模な働き方改革が急速に進みました。健康危機として始まったこの変革は、瞬く間に社会的・経済的な危機へと発展しました。2017年よりデジタル化と雇用の関係を考察してきた労働白書「スキル革命」シリーズの第四弾では、新型コロナウイルス感染拡大により、企業のデジタル化及び雇用・人事がどのように変化しているかについて説明しています。

■デジタル化を最も進めている企業が、最も多くの雇用を創出している
パンデミックを受けて、企業はデジタル化とオートメーション化を加速させています。38%の企業がペースを速める一方、17%が計画を一時保留しています。同時に、失われた雇用以上に、多くの新たな雇用が生まれています。オートメーション化を進めている企業の86% が、要員の増強または維持を予定しています。

■#PEOPLEFIRST(人材第一): 事業優先課題として人事関連を強化
人材+テクノロジー: 人事部門のトレンドが変化しています。2018年の時点では、人事部門の要員を増強する計画はなく、縮小予定の企業もありました。2年を経た今、企業はHRテクノロジーに投資し採用数を増やしています──オートメーション化に最も積極的な企業は、要員数が正味15%増となっています。

■働く人々の健康・心身の健全を重視する人事機能―優先順位の変化
健康、経済、社会の危機をきっかけに、人事部門がこれまで以上に重要な位置を占めています。「#PeopleFirst(人材第一)」を考慮しながら、事業戦略を基盤とした人事施策をとる必要があるからです。こうした人事機能の強化により、新たなスキルが誕生し、新たなテクノロジーが求められています。健康、心身の健全、回復力、要員計画、職場再編に加え、エンゲージメントと倫理、スキルアップと新たなスキルの習得、そして消費者としての従業員への幅広い取り組みにおいて、現在、CHRO(最高人事責任者)がリードをしているため、データの収集、保護、分析に対する需要は非常に高まっています。
人事リーダーは、2021 年以降の最重要課題に「従業員の健康・心身の健全」を挙げています。次に多い「新たな就労モデル」「スキルアップ・学習意欲・能力開発の強化」と比べて、2 倍近い回答者がこの課題を重視しています。人事リーダーの63%が、「従業員の健康・心身の健全」を最重要課題とみなしています。

■スキル革命、再び3つのR、RENEW(再構築)、RESKILL(新たなスキル獲得)、REDEPLOY(再配置)
少し前から予測されていたトレンドが、急激に加速しています。逆境はしばしば、急速な変化や社会の進化の原動力になることがあります。必要なスキルが急速に変化し、人材が重視されている今、企業は人材のスキル再構築と、スキル革命の次なる段階で最も優秀な人材を誘致し、育成し、惹きつけ、定着させるためのワークフォース開発戦略を必要としています。


【本件に関するお問合せ先】
マンパワーグループ株式会社 広報室
TEL:03-4531-2937
kouhou@manpowergroup.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(マンパワーグループ株式会社 / 3月16日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。