企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2020/08/07

就職プロセス調査(2021年卒)「2020年8月1日時点 内定状況」

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 学)のよりよい就職・採用のあり方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。


■今の志望にこだわりすぎず、日々動きのある企業の採用動向をチェックしよう

8月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率(※1)は81.2%(-10.0ポイント)(※2)と20年卒と比べ低くなりました。現在の採用スケジュールとなった17年卒と比べると同水準です。内定未取得者の就職活動実施率は例年7~8月にかけて少し下がる傾向ですが、今年は8月1日時点で90.6%と高く、就職活動を継続している様子が伺えます。これは採用活動後ろ倒しの影響でしょう。また、学生の各活動実施率を見ると、Web面接は前年より増加している一方で、対面での選考は引き続き減少しています。内定率を、文理別にみると理系は90.8%(-3.5ポイント)と前年同月同様に推移しています。文系は、76.9%(-12.9ポイント)と苦戦してる様子が伺えます。理系は採用選考が総じて早く進んでいたことに加え、産業構造の変化に伴う人材需要としても底堅い状況です。一方文系に関しては採用選考後ろ倒しの影響に加え、一部採用抑制の動きも影響していると想定されます。内定未取得者のコメントを見ると「コロナで就活がぐちゃぐちゃになった気がする」など不安の声が見られます。しかし、2021年卒の大卒求人倍率(※3)は1.53で、リーマン・ショックや東日本大震災の影響のあった2011~2014年卒時の約1.3倍と比べて下がっているわけではありません。志望している業種、企業規模、地域にこだわりすぎず、広い視野で企業や仕事を探してみてください。採用活動を継続している企業は多くあり、今後も追加募集などで積極的に採用するケースも想定されます。日々動きのある企業の採用動向をチェックしてみましょう。

※1 内々定を含む
※2 ( )内数値は前年同月差
※3 リクルートワークス研究所大卒求人倍率調査

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社リクルートキャリア / 8月6日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会