企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
企業人事部人材育成2020/02/27

<働くみんなのホンネ調査>「ジェンダーハラスメント」について調査を実施(株式会社ワークポート調べ)

総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の転職希望者300人を対象に、【ジェンダーハラスメント】についてアンケート調査を行いました。

 

<調査概要>

■勤務先は男女平等だと感じる・感じない?結果は五十歩百歩

 毎年3月8日は国際連合によって定められた国際女性デーとして、女性の地位向上を目指した様々な働きかけが世界各地で行われています。日本は、2019年12月に世界経済フォーラムが発表した「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」(世界男女格差指数)で153ヵ国中121位という結果になり、男女格差の問題が深刻であることが明らかになりました。何かと女性の生きづらさが取り沙汰されることが多いですが、一方で男性の中にもジェンダーによる差別で苦しんでいる人がいます。今回は全国の転職希望者の男女(20代~40代)を対象に、ジェンダーハラスメントについての実態調査を行いました。
 対象者に、現在の会社(直近の会社)は男女平等であると感じるか聞いたところ、「とても感じる」(14.7%)、「やや感じる」(36.7%)とする人は合わせて51.4%となり、「あまり感じない」(33.0%)、「まったく感じない」(15.7%)とする人は合わせて48.7%となりました。約50%は自身の勤務先は男女平等だと感じていますが、残りの半数は会社内で男女格差を感じていることがわかります。ジェンダーによる差別が改善されていない企業は一定数あり、男女平等な職場環境づくりへの取り組みは企業間で差があるようです。また、感じないと回答した人のうち、男性では45.3%、女性では53.8%と性別による大幅な偏りはなく、男女ともに格差を感じていることがうかがえます。

■女性に対するジェンダーハラスメントの目撃者は30%以上!男性に対しても約20%が目撃したことが「ある」

 対象者に、女性がジェンダーによるハラスメントを受けているところを見たことがあるか聞いたところ、「ある」と回答した人が33.7%、「ない」と回答した人が66.3%でした。次に、男性がジェンダーによるハラスメントを受けているところを見たことがあるか聞いたところ、「ある」と回答した人が19.0%、「ない」と回答した人が81.0%でした。
 女性がジェンダーによるハラスメントを受けているところを見たことが「ある」と回答した人に、どんなジェンダーハラスメントだったか具体的に聞いたところ、「女性は正社員にはなれないと言われていた」(30代・女性・医療福祉)、「女性だから仕事ができないと言われたり、上司にしたくないと言われたりしていた」(20代・女性・クリエイター)、「女性はコピー取りや事務作業だけ行っていれば良いと言われていた」(30代・男性・システムエンジニア)といった、女性のキャリアを軽視するような発言をされていたとする声が多く挙げられ、会社の仕組み自体が女性差別を助長している可能性もみられました。また、「女性には年上であってもタメ口で話されていた」(40代・男性・その他)、「女性だからかわいらしさを出せと言われていた」(30代・男性・営業)、「男性は名前で呼ぶが、女性に対しては「女の子」と呼んでいた」(40代・女性・管理)といった、女性に対する敬意に欠けた言動がみられたとの意見も多数見られました。さらに、「女性が少ない職場なのでプロジェクトに登用されるが、畑違いの分野にも無理強いのように参加しなければならない人がいた」(40代・女性・事務)といった、女性活躍推進の取り組みによりむしろ負担を強いられるケースも見られました。適材適所に人材を配置せずとりあえず女性を管理職に登用したりプロジェクトに参加させたりするような動きは、かえって女性のキャリアアップへのモチベーションを低下させる原因になってしまうのではないでしょうか。

 次に、男性がジェンダーによるハラスメントを受けているところを見たことが「ある」と回答した人にその内容を聞くと、「肉体労働、暑い現場、夜勤は男性がやるようになっていた」(30代・女性・企画マーケティング)、「男性だからと強制的に飲み会に連れて行かれ遅くまで拘束されていた」(20代・女性・クリエイター)といった、体力的に厳しい環境下で過ごすことを強制されたという意見が最も多く挙げられました。また、「男性が育休を取ると出世できないような風潮があった」(30代・女性・企画マーケティング)、「男性は家族を犠牲にして仕事をするべきと言われていた」(40代・男性・営業)といった、男性の育児や家庭との両立を妨げるような発言や仕組みがみられたとする意見も挙がりました。さらに、「男性だから厳しくしても大丈夫だ、と男性管理職が男性社員に向かって言っていた」(30代・女性・管理)といった、同性特有のジェンダーハラスメントを受けている場面を見たという声もみられました。

 

調査内容 :ジェンダーハラスメントについて
調査対象者:当社を利用している全国の転職希望者(20代~40代の男女)
有効回答 :300人
調査期間 :2020年2月10日~2月17日

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ワークポート / 2月27日発表・同社プレスリリースより転載)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人材育成(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会