企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[人事サービス]

2018/03/01

パナソニックが、最も魅力ある勤務先に決定。2位 トヨタ、3位 日清食品。電気機器メーカーの首位獲得は2012年振り~『エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018 ランスタッドアワード』:ランスタッド

世界最大級の総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO: ジャック・ファン・デン・ブルック)の日本法人であるランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿谷哲、以下ランスタッド)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018 ランスタッドアワード」の日本の調査結果を発表しました。調査の結果、今、最も魅力のある勤務先にパナソニックが選ばれました。

 

優秀な人材の獲得とエンゲージメントの向上は、企業が持続的に成長し、グローバル競争に勝ち残っていくための重要な鍵となります。それに加え、超少子高齢化社会を迎える日本では人材の確保自体が課題になりつつあります。そのような状況の中で「エンプロイヤーブランディング」は、雇用戦略としてだけでなく、経営戦略の大きな要です。ランスタッドは本調査を通じて、企業・団体の採用活動や組織力向上に貢献することを目指しています。

 

パナソニックが総合1位を獲得! 2位にトヨタ自動車、3位に日清食品HD

パナソニックは昨年5位から初の1位受賞となりました。仕事内容や革新的な技術、社会的評価の項目で特に支持を受けている結果でした。昨年まで食品・飲料メーカーが毎年総合1位を獲得していましたが、電気・精密機器メーカーがトップに輝くのは、日本での初開催である2012年にソニーが受賞して以来6年振り。本年度はソニーも昨年8位から4位に順位を上げており、日本の働き手の関心が電気・精密機器メーカーへ戻ってきていることがうかがえる結果でした。

2位のトヨタは、給与水準、職場環境、安定雇用などが回答者から高く評価され、3位の日清食品HDは、仕事内容の点で働き手の関心を集めていることが分かりました。

 

海外企業部門は、ジョンソン&ジョンソン、コカコーラを抑え、Apple Japanが1位を受賞

海外企業部門は、1位にApple Japan、2位にジョンソン・エンド・ジョンソン、3位に日本コカ・コーラが選ばれました。

 

業界別の表彰では、情報通信で楽天、金融/保険で日本郵政が初の1位に

業界別ランキングでは、情報通信/サービス業で楽天市場などを展開する楽天が、金融/保険ではゆうちょ銀行やかんぽ生命などを有する日本郵政が、初めて1位に輝きました。

 

注目企業部門1位はGoogle Japan

革新的な技術やサービスで新たな価値を提供する企業を選出した注目企業部門では、1位にGoogle Japan、2位にカルビー、3位にクックバッドが選ばれました。

 

エンプロイヤーブランド・リサーチ ランスタッドアワードとは

「勤務先としていま最も人材をひきつける魅力のある企業」を第三者機関であるTNS/JWT(本社イギリス/アメリカ)に委託する調査によって選定し、表彰を行います。2000年にベルギーで初めて発表して以来、世界共通基準のもと各国で毎年実施され、「エンプロイヤーブランド(企業魅力度)」を測る世界最大級の調査として高く評価されています。日本では2012年から開始し、今回で7回目の実施です。

 

エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018 ランスタッドアワード 国内実施概要

日本の調査では18歳から65歳までの男女7,105名に対し、調査対象の225社について「社名を知っているかどうか」と「その企業で働きたいかどうか」を問い、評価の高い企業を明らかにしました。また、勤務先選択の際に重視する指標についての調査も実施しました。

同様の調査は、オーストリア、ギリシャ、ドバイ、チェコが新たに加わり、世界30の国と地域で行われ、日本での開催を皮切りに、各国にて順次結果発表・表彰が行われます。

 

<国内調査実施概要>
調査対象:
 18歳から65歳までの日本人男女​7,105名
調査期間: 2017年11月10日~12月1日
調査方法: インターネットによるWebアンケート形式。
公式サイト: https://www.randstad.co.jp/award/

 

エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018 ランスタッドアワード 開催地域

ヨーロッパ地域
オーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、UK

アメリカ大陸地域
アルゼンチン 、カナダ、ブラジル、USA

アジアパシフィック・その他の地域
オーストラリア、中国、ドバイ、香港、インド、日本、マレーシア、ニュージーランド、ロシア、シンガポール

以上、30の国と地域

 

<このリリースに関する問合せ先>
ランスタッド株式会社
広報担当
寺島
Tel: (03) 5275-1883
Fax: (03) 5275-1878
Email:
communication
@randstad.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ランスタッド株式会社 http://www.randstad.co.jp/ /2月27日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

その他人事サービス(人事サービス)ジャンルのニュース

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ インディードの採用ノウハウを無料公開

ニュースアクセスランキング

<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」を11/13・14・15・16・20・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。