人事辞典 掲載日:2018/11/30

【ヨミ】セルフエフィカシー セルフエフィカシー

「セルフエフィカシー(self-efficacy)」は、日本語で自己効力感と訳されます。自分がある状況において適切な行動を遂行できるかどうかの認知のことを指し、カナダ人心理学者のアルバート・バンデューラが提唱しました。「求められる行動を遂行する能力を持ち合わせていることへの自信」とも言い換えることができ、人はセルフエフィカシーを強く感じているとき、その行動を行う可能性が高まり、失敗や困難があっても諦めにくいと考えられています。

セルフエフィカシーのケーススタディ

セルフエフィカシーを高めるために有効な
成功体験と代理体験

セルフエフィカシーの高い人は、会社でもポジティブな発言をし、自ら進んで新しいプロジェクトに挑戦する傾向があります。それによって周囲にも良い影響を与えるため、組織にとっても重要な存在です。では、ビジネスシーンにおける重要な要素であるセルフエフィカシーは、どうすれば高められるのでしょうか。

最も強力な加速装置となるのが「成功体験」です。人は設定した目標を達成すると、自分自身の遂行能力に対して少し高い評価ができるようになります。その自己評価が自信につながるのです。成功体験を増やすためのポイントは、今のその人が持つ通常運転時の能力より少し上の「少し頑張れば達成できそうな目標」を立てること。いきなり高すぎる目標を立てると、初めのうちは頑張れたとしても長続きしません。小さな目標をクリアし、目標をまた少しずつ上げていくことで、セルフエフィカシーを高めることができます。

もう一つは「代理体験(モデリング)」と呼ばれる方法です。代理体験とは、性別や年齢、生活状況といった属性において自分と似ていると思われるモデルとなる人が、特定の行動において成功していることを見聞きすることで、「自分でもできそうだ」と肯定感を高めること。モデルとなる人の状況が自分自身に近似しているほど、代理体験が自身にもたらす影響力は大きくなると考えられています。

しかし気を付けなければならないのが、本人の捉え方によっては働きかけがマイナスになってしまうことです。例えば、単に成功体験を聞いただけでは、本人が「自分とは違う」「自分にはできそうにない」と逆に劣等感を高めてしまうこともあります。重要なのは、成功の瞬間だけを切り取って示すのではなく、モデルの行動を連続的に観察させること。それによって、成功へのヒントを複数得ることができ、セルフエフィカシーを高める貴重な情報源へと変わっていくのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード