企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】フテイシュウソ 不定愁訴

「不定愁訴」とは、医療用語の一種で、何となく体調が悪いという程度の漠然とした自覚症状を訴える人が医療機関を受診しても、身体の不調や不快感につながる明らかな病変が見つからない状態を言います。「頭が重い」「イライラする」「体がだるい」「よく眠れない」など、患者からの訴え(主訴)は強いものの、その内容は主観的で変わりやすく、他人が見てもわかる客観的な所見(他覚症状)に乏しいのが「不定愁訴」の特徴です。症状が一貫せず、医学的に原因を説明できないため、治療は難しく、周囲からも理解されにくいと言われています。
(2017/6/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不定愁訴のケーススタディ

本人は不調を強く訴えるものの原因は不明
「単なるわがまま?」との誤解から悪化のおそれも

「最近、何となく調子が悪い。寝つきが悪いし、わけもなくイライラするし、そういえば以前より疲れが抜けにくくなったような……」こうした違和感や不快感は、誰にでも多かれ少なかれ心当たりがあるものですが、そのつらさはあくまで本人だけが感じる自覚症状。他人にはなかなかわかってもらえないものでしょう。にもかかわらず、それを口に出し、周囲にしきりと訴えることを、医学用語で「愁訴」(しゅうそ)といいます。

なかには、本人の訴える自覚症状がコロコロと変わったり、何種類もの身体的不調を同時に脈絡もなく訴えたりすることがあり、このような状態を特に「不定愁訴」と呼びます。

「不定愁訴」は、特定の病気を指す言葉ではありません。むしろ医療機関で十分な診察や検査を受けても、本人が強く訴えるような痛みやだるさなどの身体症状の原因が見つからず、明確な診断がつかないのが「不定愁訴」と呼ばれる状態の特徴なのです。

「不定愁訴」は、何となく体調が悪いという程度の漠然とした自覚症状から始まり、次のような多岐にわたる身体症状を伴います。倦怠(けんたい)感や動悸(どうき)、皮膚のかゆみなどの全身症状/耳鳴りや味覚異常などの感覚器の違和感/食欲不振、便秘、下痢/肩こりや手足のしびれ、冷え/ひん尿、血尿、月経不順/息切れ、めまい、頭痛、不眠などです。

本人のライフスタイルの問題や環境変化、精神的なストレスなど、さまざまな要因が絡み合って引き起こされると考えられ、最近では自律神経失調症と診断されることも少なくありません。軽度のうつ病や適応障害、全般性不安障害といったメンタルヘルス不調とのつながりや、他の病気の初期症状の表れである可能性もあるといいます。また、更年期には、ホルモンバランスの乱れから不定愁訴を来しやすく、更年期の女性の60~70%は上述の症状を経験していると言われています。

いずれにせよ、本人からすれば、さまざまな症状に悩まされていることは確かであり、つらいからこそ、周囲に訴えずにはいられないのでしょう。にもかかわらず、原因がはっきりしないために、また周囲への訴えが時に強すぎるために、職場などでは「適当にわがままを言っているだけ」と誤解されやすく、適切な対応がとられないケースも見受けられます。周囲の理解不足が、背景に潜むメンタル不調をさらに悪化させる可能性もあるので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

五月病
「五月病」は正式な医学用語ではなく、4月に進学した学生や入社・異動した社会人に、5月頃になると現われる精神的な不安定状態の総称です。環境の変化に適応できないことに起因する症状といわれ、抑うつ気分、不安感、無気力、不眠、強い疲労感など、うつ病に似た心身の不調やスランプを訴える場合が多いようです。 (2...
6月病
4月から環境が大きく変わった新社会人や新入生が、ゴールデンウイーク明け頃に無気力状態に陥ることを5月病といいますが、近年、新社会人ではひと月遅い6月に同じような症状を訴える人が多く、これを5月病ならぬ「6月病」と呼びます。5月病も、6月病も正式な病名ではなく、医学的にはどちらも適応障害に分類されます...
VDT症候群
VDTとは、Visual Display Terminal(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)の略で、パソコンやタブレット、スマートフォンのディスプレイなど表示機器の総称。これを使用する作業(VDT作業)を長時間続けることによって、心身にさまざまな不調をきたす健康障害を「VDT症候群」といいます...

関連する記事

診断書の情報だけで判断してはいけない! 精神科産業医が教える職場でみられる「うつ」の困難事例における具体的対応
うつ病の方へは、古くから「励ましはダメ」「頑張らせてはいけない」という対応が望ましいとされてきました。しかし、近年ではそのような対応をしてもうまくいかない事例が増え、職場においてさらなる混乱を招いています。この背景には、「うつ」と「うつ病」とが混同されているこ...
2014/05/19掲載人事・労務関連コラム
人事担当者157人に聞いた「メンタルヘルス対応の実際」
一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、メンタルヘルス対応に関して、企業の現場はどう変化しているのか、人事担当者はどういうことに悩んでいるのか、どんな点が課題なのかを浮き彫りにするため「メンタルヘルス対策“本音”アンケート」を実施。本記事では、そ...
2013/08/19掲載人事・労務実態調査
人事担当者のお悩みにお答えします。 こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室
「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。しかし、担当者の多くは、自社の対策が有効に機能しているかどうかについて、頭を悩ませていることだろう。対策は実施しているが、メンタル不調者が増えているという事実に直面し、現在の取り組み自体を見...
2009/07/02掲載注目の記事
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

即戦力を自分で採用ビズリーチ 学びを可視化する ビジログ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...