企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クラッシャージョウシ クラッシャー上司

「クラッシャー上司」とは、厳しい言動や命令で部下を執拗に責め立てて休・退職に追い込むなど、部下を精神的に“つぶし”ながら、自分は出世していく上司のことをいいます。筑波大医学医療系産業精神医学・宇宙医学グループの松崎一葉教授が同名の著書でその存在を分析し、警鐘を鳴らしました。パワーハラスメントをするだけの上司と違い、組織内では優秀で仕事ができると評価されていることが多いのが「クラッシャー上司」の特徴。会社も一種の“必要悪”として黙認するため、本人は悪びれもせず、むしろ自分の行いは正しいと妄信して、事態をさらに悪化させていると言われます。
(2017/4/10掲載)

クラッシャー上司のケーススタディ

部下をつぶし、会社の未来までつぶして出世する
仕事はできるので、組織は“必要悪”と黙認

内閣府の試算によると、一人の社員(30代後半男性・年収600万円)がメンタルヘルスの不調で半年間休職した場合に発生する追加コストは、周囲の既存社員が休職者の担当業務を肩代わりすることによって発生する残業代だけで422万円に上るといいます。

組織にとって、かけがえのない人材が精神的に“つぶれて”しまうことの損失が、けっして金銭だけで測れるものでないことは言うまでもありません。にもかかわらず、上述の松崎一葉教授の著書によると、同教授が出会ったある大手企業の重役はこう言い放ったといいます。「俺はね、(部下を)五人つぶして役員になったんだよ」――。まさに典型的な「クラッシャー上司」です。松崎教授は約15年前に、その会社の経営幹部からメンタルヘルス対策の相談を受けました。ところが、招かれて出向いたにもかかわらず、先の重役に「メンタルヘルスがどうの、ワークライフバランスがどうのなんてやられると、うちの競争力が落ちるんだ。会社のためにならない」と言われて、追い返されたそうです。その経験が、「クラッシャー上司」の概念が生まれるきっかけとなったと述べています。

「クラッシャー上司」には、大きく三つの特徴があります。

(1)部下を精神的につぶしながらどんどん出世する
(2)自分は正しいとの確信を持っている
(3)精神的に参っている部下の気持ちが分からない

他者への共感性が欠けているため、つぶされた側は仕事を失い、つぶした側は出世していくという理不尽にも悪びれることはありません。また、自分を絶対視する傾向があるので、異論や異分子を許さず、組織の変革やイノベーションの芽を摘み取ってしまうことにもなりかねないのです。

仕事ができる切れ者が多い「クラッシャー上司」は、以前なら「モーレツ社員」と呼ばれたタイプでしょう。しかし、目先の利益はもたらすとしても、企業にとって最も重要な財産である人材をつぶし、組織を損ない、未来の変革の可能性までむしばもうとする損失の大きさは看過できません。長期的な視点に立てば、「クラッシャー上司」を“必要悪”として黙認することの危険性は明らかなのです。

※松崎一葉著『クラッシャー上司――平気で部下を追い詰める人たち 』PHP新書を参照

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ボスマネジメント
「ボスマネジメント」とは、ボスをマネジメントすること、つまり組織における一般的なマネジメントの概念とは逆に、部下が仕事の目的を達成するために上司を動かす、という考え方を表す言葉です。部下が上司に対し能動的かつ戦略的に働き掛けることで、自らが仕事を進めやすいように上司をうまくコントロールしたり、相手か...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
1on1
「1on1」ミーティングとは、定期的に上司と部下が1対1で話し合うことを言います。米国シリコンバレーでも“1on1 meeting”は文化として根付いており、人材育成の手法として世界的に注目を集めています。その特長は、上司が部下の成長のために時間をつかう、ということ。日本ではヤフーが取り入れたことで...

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第2回】 1on1で、ついつい上司ばかりが話してしまった
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします!
2020/02/18掲載編集部注目レポート
~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事
キャリア支援によるメンタルヘルス不調者を出さない職場作り 一人ひとりの強みを活かし、組織を活性化させることで生まれるメリットとは?
近年、職場におけるメンタルヘルス対策が注目されています。特に、病気にならないためにはどうするのか、病気になった人をどうするのかについて考える、従来の「病理モデル」ではなく、社員の心の健康増進、心の成長モデルを大切にしていこうという動きが活発化しています。そのよ...
2016/02/22掲載注目の記事

関連するQ&A

ハラスメントやメンタルヘルスに関する教育について
セクハラ、パワハラやメンタルヘルスに関する研修など、管理者向けの教育を企画しています。 ただし、弊社にとっては初めてのことなので、勝手が分かっていない状況です。 どのようなことでも構わないので、アドバイスをいただけると助かります。 よろしくお願い致します。
人事考課について
当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意...
これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...