企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴウドウニュウシャシキ 合同入社式

「合同入社式」とは、複数の企業の新入社員が参加する入社式のことです。大企業のグループ各社が合同で行うケースと、自治体や経済団体などが主催し、一社ごとの採用人数が少ない地元の中堅・中小企業の新入社員を招いて行うケースに分かれます。後者の場合、併せて合同の新人研修が行われることも多く、それらを通じて新入社員同士の交流や仲間づくりの機会を提供、職場定着を後押しするのがねらいです。
(2016/5/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同入社式のケーススタディ

新入社員が孤立しやすい中小企業を支援
組織を超えた“同期”の絆で定着率向上

今年も「五月病」の季節がやってきました。4月に入社したばかりなのに、この最初の壁を乗り越えられず、早期離職にいたる新入社員が毎年、後を絶ちません。貴重な戦力になってもらうために、企業は採用や研修にコストをかけているわけですから、辞められてしまうと大きな損失です。特に中小企業では、その影響が大きいでしょう。

五月病の予防対策としては、新入社員の孤立を防ぐことが大切だとよくいわれますが、もともと採用数が少ない中小企業では、各職場に新人が一人きりということも珍しくありません。周囲の先輩社員は業務に追われ、新人への声かけもままならない。そんなとき、組織の中だけでなく、外にも“同期”のつながりがあればどれほど心強いでしょう。そのきっかけづくりを支援するために、近年、各自治体や地域の商工会議所、中小企業同友会などの経済団体が力を入れているのが、地元の中小企業から新入社員を集めて行う「合同入社式」の取り組みです。

東京では、東京中小企業家同友会が毎年、都内にある中小企業の合同入社式を開催しています。今年も4月1日に中野サンプラザ(中野区)で行われ、さまざまな業種の67社から、過去5年で最多の241人の新入社員が参加しました。埼玉県では同28日に、県の主催で県内中小企業新入社員合同入社式を初めて開催。上田清司知事が「成功する人に必要なのは才能やIQではなく、やり抜く力だ。ここにいる仲間とともに仕事をやり抜いてもらいたい」と、集まった233人の新入社員を激励しました。さらに同県では、入社式の参加者を対象に今後、県内の5地域で2度にわたり、合同研修会を実施。6~7月頃にビジネスマナーなどを身につける基礎研修(1日)、10~11月頃に仕事の進め方や課題対応を学ぶフォローアップ研修(1日)を行う継続的な展開で、新入社員のスキルアップとともに、組織や職種の垣根を超えた“同期”の交流、ネットワークづくりを支援する予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

新入社員研修
「新入社員研修」は、特に新卒入社者を対象とした研修を指す場合が多く、学生から社会人となった新入社員に、仕事を遂行する上で求められる知識・スキルや礼儀・ビジネスマナーなど、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付けてもらうために実施されます。近年、企業間の競争が激化する中で、新入社員には早期戦力化が期待さ...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

関連する記事

新入社員研修の効果を高めるヒントと『日本の人事部』がおすすめするサービス27選
今注目すべき新入社員研修についてまとめました。実施目的と意義をあらためて確認するとともに、研修の種類やカリキュラム例、企業事例をご紹介します。
2019/05/16掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...