企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴウドウニュウシャシキ 合同入社式

「合同入社式」とは、複数の企業の新入社員が参加する入社式のことです。大企業のグループ各社が合同で行うケースと、自治体や経済団体などが主催し、一社ごとの採用人数が少ない地元の中堅・中小企業の新入社員を招いて行うケースに分かれます。後者の場合、併せて合同の新人研修が行われることも多く、それらを通じて新入社員同士の交流や仲間づくりの機会を提供、職場定着を後押しするのがねらいです。
(2016/5/13掲載)

合同入社式のケーススタディ

新入社員が孤立しやすい中小企業を支援
組織を超えた“同期”の絆で定着率向上

今年も「五月病」の季節がやってきました。4月に入社したばかりなのに、この最初の壁を乗り越えられず、早期離職にいたる新入社員が毎年、後を絶ちません。貴重な戦力になってもらうために、企業は採用や研修にコストをかけているわけですから、辞められてしまうと大きな損失です。特に中小企業では、その影響が大きいでしょう。

五月病の予防対策としては、新入社員の孤立を防ぐことが大切だとよくいわれますが、もともと採用数が少ない中小企業では、各職場に新人が一人きりということも珍しくありません。周囲の先輩社員は業務に追われ、新人への声かけもままならない。そんなとき、組織の中だけでなく、外にも“同期”のつながりがあればどれほど心強いでしょう。そのきっかけづくりを支援するために、近年、各自治体や地域の商工会議所、中小企業同友会などの経済団体が力を入れているのが、地元の中小企業から新入社員を集めて行う「合同入社式」の取り組みです。

東京では、東京中小企業家同友会が毎年、都内にある中小企業の合同入社式を開催しています。今年も4月1日に中野サンプラザ(中野区)で行われ、さまざまな業種の67社から、過去5年で最多の241人の新入社員が参加しました。埼玉県では同28日に、県の主催で県内中小企業新入社員合同入社式を初めて開催。上田清司知事が「成功する人に必要なのは才能やIQではなく、やり抜く力だ。ここにいる仲間とともに仕事をやり抜いてもらいたい」と、集まった233人の新入社員を激励しました。さらに同県では、入社式の参加者を対象に今後、県内の5地域で2度にわたり、合同研修会を実施。6~7月頃にビジネスマナーなどを身につける基礎研修(1日)、10~11月頃に仕事の進め方や課題対応を学ぶフォローアップ研修(1日)を行う継続的な展開で、新入社員のスキルアップとともに、組織や職種の垣根を超えた“同期”の交流、ネットワークづくりを支援する予定です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

新入社員研修
「新入社員研修」は、特に新卒入社者を対象とした研修を指す場合が多く、学生から社会人となった新入社員に、仕事を遂行する上で求められる知識・スキルや礼儀・ビジネスマナーなど、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付けてもらうために実施されます。近年、企業間の競争が激化する中、新入社員には早期戦力化が期待され...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
研修内製化
研修内製化とは、社内の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...

関連する記事

1. 新入社員研修とは
新入社員研修とは、企業が行う階層別研修のうち、文字通り、新入社員に対して実施される研修のことである。入社後すぐに実施され、学生という身分から社会人となることを目的に、会社組織で職務・業務を遂行する上で必要な知識やスキル、ビジネスマナーなどの基本を身に付けてもら...
2012/11/12掲載よくわかる講座
4. 新入社員研修の課題別プログラム例
新入社員研修の中で、課題別(目的別)に行われているプログラムの代表例「長期新人研修」「現場研修」「海外研修」「OJTサポート制度」「自己啓発」をそれぞれ詳しく解説。新人研修のヒントが見つかるだろう。
2012/11/12掲載よくわかる講座
5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新入社員フォローアップ研修について
当社はメーカーですが、今年春入社した社員に対してフォローアップ研修を行いたいと考えております。 今まで行ってきた研修は、 ビジネスマナー研修 3日間 部署ローテーション研修 2週間 生産現場研修 6ヶ月間 で、今現在は各部署に配属されています。 フォローアップ研修の目的としては、今までの上記の研...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...