【ヨミ】ショクギョウジッセンリョクイクセイプログラム 職業実践力育成プログラム

「職業実践力養成プログラム」とは、大学などが社会人や企業のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを設置し、文部科学大臣がこれを認定する制度のこと、もしくは認定されたプログラムそのものをいいます。政府の教育再生実行会議の第六次提言(2015年3月)を受けて創設された制度で、プログラムの受講を通じた社会人の学び直しの奨励、職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的としています。プログラムは年1回公募。昨年度の初回認定では、138課程の申請があり、うち123課程が認定されました
(2016/3/28掲載)

職業実践力育成プログラムのケーススタディ

国が大学の社会人向け講座を審査・認定
仕事に直結する“学び直し”の機会拡大

昨年3月、政府の教育再生実行会議は、社会に出た後も、誰もが学び続けられ、夢と志のために挑戦できる社会の実現を目指した第六次提言「『学び続ける』社会、全員参加型社会、地方創生を実現する教育の在り方について」を発表しました。この中で「社会人が職業に必要な能力や知識を高める機会を拡大するため、国は、大学等が提供する社会人や企業のニーズに応じた実践的・専門的な教育プログラムを認定し、奨励する仕組みを構築する」と提言されたことを受けて、文科省が有識者会議を設置し、認定要件などを検討。「職業実践力育成プログラム」認定制度の創設にいたりました。英訳のBrush up Program for professionalを略して、BP認定制度とも呼ばれます。

同制度では、大学・大学院・短期大学・高等専門学校を対象に年1回、社会人のための実践的・専門的な学び直しプログラムを公募。申請されたプログラム内容を同省で審査し、要件に適合する講座を認定、公表します。認定要件としては、大学などの正規課程および履修証明プログラムで修了者には証明書が交付されること、総授業時数の一定以上(5割以上を目安)が「実務家による授業」「双方向もしくは多方向で行う討論」「インターンシップなどの実地体験」「企業との連携による授業」のうちの二つ以上の教育方法による授業で占められていること、社会人が受講しやすい工夫がなされていること(週末・夜間開講、集中開講、IT活用)などが求められ、審査の対象となります。

第1回となった昨年度は全国から138件の申請があり、うち123件が認定されました。認定状況をテーマ別にみると、「女性活躍」に資する講座が32件、「地方創生」(地方活性化)が31件、「中小企業活性化」26件、「非正規労働者のキャリアアップ」11件、などとなっています。

また、人手不足に悩む中小企業の幹部人材育成や女性の再就職を支援する目的で、厚生労働省の教育訓練給付制度とも連携。同省が昨年10月に行った専門実践教育の指定基準の見直しにより、「職業実践力育成プログラム」からも一定の基準を満たす講座が、教育訓練給付金(専門実践教育訓練給付金)の支給対象となる教育訓練として追加されました。対象講座の受講費の40%(上限は年32万円)が半年ごとに支給され、受講後1年以内に資格取得などで就職した場合はさらに20%(同16万円)が支給されます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード