企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロクガツビョウ 6月病

4月から環境が大きく変わった新社会人や新入生が、ゴールデンウイーク明け頃に無気力状態に陥ることを5月病といいますが、近年、新社会人ではひと月遅い6月に同じような症状を訴える人が多く、これを5月病ならぬ「6月病」と呼びます。5月病も、6月病も正式な病名ではなく、医学的にはどちらも適応障害に分類されます。環境変化に伴うストレスが原因で心身にさまざまな不調が現れ、ひどい場合は社会生活や日常生活にも支障をきたしかねません。
(2015/6/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月病のケーススタディ

社会人のダルさは5月より6月が危ない
ズレの原因は研修の長期化と職場の疲弊

新しい仕事や環境に適応しようと緊張の連続だった4月の1ヵ月が過ぎ、5月の連休が明けた頃、張りつめていた心の糸がプツリと切れたかのように無気力になってしまう――従来は、これを5月病と呼んでいました。しかし最近は、5月より6月にこうした状態に陥る人が増えています。「6月病」と呼ばれるゆえんです。

6月病にかかる恐れがあるのは、この春に入社してきた新入社員だけではありません。転職や異動、新しいプロジェクトへの参加などで環境の変化に見舞われたベテラン社員も要注意。GWの余韻も消え去り、本来ならとっくに仕事モードに切り替わっていなければいけないこの時期に、気持ちが沈んでやる気が出ない、体が重くてだるい、食欲がない、寝付けない、不安を感じる、イライラするなど、5月病と同様の症状を感じたら、この6月病を疑ってかかったほうがいいかもしれません。

一体なぜ5月ではなく、6月にこうした不調が現れるのでしょう。新社会人の場合、理由としてよく指摘されるのは、新人研修の期間を以前より長めにとる企業が増えたことです。研修を終えて配属が決まり、実務につく時期がずれ込んだことで、5月病の時期が遅くなり、6月病として扱われるようになったと考えられます。また配属が決まっても、上司や先輩が多忙で余裕がないため、コミュニケーション不足から、職場に溶け込むのにより時間がかかるケースも。4月からの緊張状態がさらに続き、疲れやストレスもたまる一方になりがちでしょう。さらに梅雨どきのジメジメした不快な気候も、心身に倦怠感をもたらす原因となります。

そもそも6月病に陥りやすい人には、真面目で几帳面な性格の人が多いという共通点も指摘されています。「……すべき」が口癖だったり、完璧主義だったり、先回りして取り越し苦労をしたり、少しのミスでも自信を失ったり……。こうしたタイプをマネジメントする立場であれば、指導や注意をするときも、相手を追い詰めるような態度や言葉遣いは厳に慎むべきでしょう。たとえ任せた仕事がうまくできなくても、失敗を繰り返しながら成長していくことが大切だと繰り返し励まし、本人がいまの自分を素直に認められるよう導いてあげる必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...