企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ビートゥーイー B to E

「B to E」とは、Business to Employeeの略で、企業の従業員(Employee)向けに提供されるサービスのことです。企業間取引を指すB to B(Business to Business)や企業と一般消費者との取引であるB to C(Business to Consumer)などと同様、商取引の形態を表し、企業が企業の従業員との間に商取引を交わすビジネス形態を「B to E」と呼びます。一般に、企業の福利厚生の一環として実施されることが多く、この場合は使用者が窓口となり、従業員は自社が契約した企業から提供されるサービスを必要に応じて利用します。取り扱う範囲は各種製品の他、旅行や保険など多岐にわたり、社内教育や研修、業務支援などのサービスもBtoEに含まれることがあります。 (2015/3/23掲載)

B to Eのケーススタディ

オフィス需要をとらえて福利厚生を充実
サラダに惣菜、社食代わりのサービス続々

オフィスは製品やサービスを供給するための、労働・生産の場である――勤勉な日本人にとって固定観念に近い考えですが、これを転換し、職場を新たな消費の鉱脈と捉え直すことができれば、そこには“オフィス需要”という広大なブルーオーシャンが見えてくる可能性があります。当然のことながら、企業で働く人々も一方で消費者であり、またオフィスは彼らにとって人生で最も多くの時間を費やす場所だからです。近年、そうした発想から、新たな「BtoE」サービスの開拓に乗り出す企業が増えてきました。

とくに目立つのが、「食」に関するオフィス需要を掘り起こす新サービスです。先鞭(せんべん)をつけたのは、江崎グリコが2002年から本格展開を始めた「オフィスグリコ」。富山の薬売りの“置き薬”商法の要領で、契約先企業のオフィスに専用ケースを設置して菓子を販売する置き菓子のサービスです。これが「勤務中に小腹を満たしたい」というニーズをつかみ、徐々に浸透。東日本大震災の際に職場の非常食として活用した企業もあり、現在では東京や大阪のオフィスを中心に、約12万台の専用ケースが置かれています。

オイシックスが2014年5月から展開しているオフィス向け事業「Salada Oisix for オフィス」も好調です。職場でのランチメニューとして、週替わりでサラダやパンを提供するサービス。同社では福利厚生の一環や社員食堂の代替として提案し、中小ベンチャー企業など社食を持てない企業でも健康的なランチを従業員に提供できると評価されています。 このオイシックスがB to E事業拡大のために提携したのが、サラダとニーズが被らない、調理済み和総菜など“おふくろの味”をオフィスに提供するサービスで、その名も「オフィスおかん」。惣菜の宅配事業を手がけるおかんが、2014年3月にスタートした企業向けのサービスです。導入企業のオフィス内に専用の冷蔵庫を設置し、サバのみそ煮や肉じゃがなどの総菜、ご飯、スープなど約30種のメニューを定期的に供給しています。利用者は冷蔵庫から好きな食品を購入し、レンジで加熱して食べる仕組み。導入企業では、ランチ需要だけでなく、残業時や夜食・朝食用としても重宝しているといいます。

優れた人材をつなぎとめるためのリテンション施策として、職場環境に対する従業員満足度の向上はきわめて重要な課題ですが、ベンチャーや中小企業ほど、コストの制約が大きいのは否めません。“消費者”としての従業員のニーズを見きわめ、こうしたB to Eサービスをうまく活用するのも有効な打ち手の一つといえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ABW
「ABW」とは、「Activity Based Working」の略で、仕事内容に合わせて、時間や場所を自由に選択できる働き方のことをいいます。オランダの保険会社から生まれたこの考え方は、グーグルやアクセンチュアなどをはじめとする多くの企業で取り入れられ、広く知られるようになりました。近年では、AB...
自転車通勤推進企業
2020年4月、国土交通省は「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」を創設しました。本プロジェクトは、自転車通勤を導入する企業や団体を自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定するもので、企業活動における自転車通勤や業務利用の拡大を図ることを狙いとしています。
エンプロイヤーブランディング
エンプロイヤーブランドとは、勤務先としての企業の魅力度のこと。「エンプロイヤーブランディング」は、企業が「職場」としての魅力を高め発信していく活動のことをいいます。その対象は従業員だけにとどまらず、潜在的な従業員になりうる人材、従業員の家族、顧客なども含まれます。「勤務先として魅力的な企業」を目指す...

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ” 企業訪問のハードルが高くなった影響は? オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高くなり、人材紹介会社も情報収集に苦労している。
2020/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
西久保浩二さん 企業は「福利厚生」から撤退してはいけない
日本の企業福祉研究の第一人者、西久保浩二さんが「企業の人材を活性化させるためにも、福利厚生を有効な投資と見なして戦略的な対応を行うことが大事だ」と提言します。
2005/08/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
企業・従業員ロイアリティを高めるための施策
企業・従業員ロイアリティを高めるためにいろいろ考えておりますがどんなテーマで考えたらいいのか、どんなことを社員と話し合うことが良いのか迷っております。 考え方や方法にアドバイスいただければうれしいです
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ 福利厚生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...