企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンコウオーナスキ 人口オーナス期

「人口オーナス期」とは、少子高齢化が進み、人口構成上、生産年齢人口(15歳以上65歳未満)に対するそれ以外の従属人口(年少人口と老年人口の合計)の割合が高まる時期のことをいいます。オーナス(onus)とは、英語で「重荷、負担」の意味。この時期は、生産年齢人口の急減と高齢人口の急増が同時に進行し、人口構成の変化が経済発展にとって重荷になることから人口オーナス期と呼ばれます。一方、これとは逆に、従属人口の比率が低下する局面を、その変化が経済にプラスに働くことから「人口ボーナス期」と言います。

(2015/2/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人口オーナス期のケーススタディ

支える人より支えられる人が増える社会
成長の重荷、日本が世界で最も早く経験

従属人口の比率が高まる「人口オーナス期」とは、端的に言うと、働いて社会・経済を支える側よりも支えられる側のほうが多くなってしまう状況で、この人口の動きが経済にとっては逆風になります。社会保障費の負担が増大する一方、貯蓄率が低下し、投資も低迷、成長率を引き下げることになるためです。両親と子ども二人の四人家族で、四人とも働いて生計を一にしていたのが、両親が引退して、一人、二人と支えられる側に回ると、一人当たり所得が減り、家計が苦しくなると同じ理屈です。

一方、四人家族で両親だけが働いていた時期から、子どもも働き始めて働き手が増えていけば、一人当たりの所得が増え、家計は着実に楽になっていきます。人口ボーナス期の構造的な変化はこれと同じことです。子どもが働き手に成長し、やがて親が引退していくという家族の変化のたとえからもわかるように、時間の経過とともに連続して現れるのが、人口ボーナス期と人口オーナス期の特徴です。つまり、人口ボーナスの状態はやがて局面が変わり、人口オーナスの状態へと移っていくのです。

戦後の日本がまさにそうでした。日本では、団塊の世代が生産年齢人口に到達した1960年前後から人口ボーナス期に入りました。働き手がどんどん増える一方、支えるべき高齢世代の数はまだ少ない。この人口構成は70年ごろまで続き、ちょうど高度成長期に重なります。日本が高度成長を成し遂げたのは、人口構造の変化に下支えされた必然でもあったわけです。現在は中国、韓国、タイ、シンガポールなどが人口ボーナス期にあり、60年~90年代のいわゆる“東アジアの奇跡”もほとんどが人口ボーナスによって説明できるといわれています。

しかし人口ボーナス期は長くは続きません。少子化で、新たに生産年齢人口に到達する人の数が減っていく一方、かつて出生率が高かった時期に生まれた世代が高齢者になっていくため、従属人口の比率が高まっていくからです。すでに日本は、90年代に人口オーナス期に突入しています。中国は数年前までボーナス期真っ盛りでしたが、 2010年代半ばには人口オーナス期に入る見通しです。

日本は世界の主要国で最も早く人口オーナス期入りを経験しました。人口オーナス期に入った社会が経済成長を維持するには、社会保障を整備するとともに、女性や高齢者などの雇用促進による労働力率の底上げ、生産性の向上に資する技術革新やイノベーションの創発などが重要な課題となります。とりわけ人事・労務領域においては、来るべき大介護時代に備えるために、仕事と介護の両立支援や働き方の改革など、企業に期待される役割は少なくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

生産年齢人口
「生産年齢人口」とは、年齢別人口のうち、生産活動の中核をなす年齢の人口層を指し、日本では15歳以上65歳未満の人口がこれに該当します。国内の生産年齢人口は1990年代をピークに減少傾向が続いています。なお、生産年齢人口のうち、労働の意思と能力をもっている人口を「労働力人口」といい、生産年齢人口に含ま...
ウーマノミクス
「ウーマノミクス」とは、「ウーマン」(女性)+「エコノミクス」(経済)を組み合わせた造語。ゴールドマン・サックス証券のチーフ日本株ストラテジストであるキャシー・松井氏が1999年から提唱している概念で、女性の活躍による経済の活性化、働き手としても消費者としても女性のパワーがけん引する経済のあり方を...
労働力人口
労働力人口とは、労働に適する15歳以上の人口のうち、労働力調査期間である毎月末の一週間に、収入を伴う仕事に多少でも従事した「就業者」(休業者を含む)と、求職中であった「完全失業者」の合計を指します。一国における働く意思と能力を持つ人の総数であり、国の経済力を示す指標の一つとされます。

関連する記事

門倉貴史さん 日本企業は「中国」よりも「インド」へ進出せよ
先進各国の間で、有望な投資先国として「BRICs」(=ブラジル・ロシア・インド・中国)への関心が高まっています。中でも、中国とインドは将来の2大大国と言われ、その急成長している巨大市場を目当てに多くの先進国企業が進出していますが、では、日本企業はどちらの国と経...
2006/05/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
島田晴雄さん: 千葉商科大学・島田晴雄学長からの緊急提言! これからの日本経済と再構築すべき人事戦略(前編)
労働経済学の専門家で、政府の政策決定にも大きく関わった千葉商科大学・島田晴雄学長に、雇用情勢のあり方と人事戦略の再構築について、詳しいお話を伺いました。
2014/12/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...