無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】エクストリームシュッシャ エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な、極端な」の意)スポーツ”と称し、スポーツ感覚での実践、普及に取り組んでいます。エクストリーム出社のプレーヤーは、一般的な通勤者と区別され、“出社ニスト”と呼ばれます。
(2013/9/30掲載)

エクストリーム出社のケーススタディ

出勤前にとことん遊んでから定刻出社
心身が目覚め「朝活」以上の効果も

平日の早朝4時、5時に自宅を出て、ある日は人影もまばらな海岸で泳いだり、禅寺の朝会で座禅を組んだり、またある日は山に登ってご来光を拝んだり……。休日でなければ挑戦できないような本格的なアクティビティーを、出勤前の2時間ほどで凝縮して満喫し、その後きちんと定刻出社。楽しんだ様子をツイッターで発信し、共有する「エクストリーム出社」の輪がいま静かに広がっています。

発案者はテレビ番組制作会社に勤務する天谷窓大さんと友人の椎名隆彦さん。「前職で会社に行きたくなくて、何げなく遠回りしてから出社してみた」ことが、エクストリーム出社を始めたきっかけだったそうです。会社とは逆方向の電車に乗って遠回りすることを繰り返しているうちに、憂うつな通勤時間を使って観光できることに気づいた天谷さん。人より早くからアクティブに活動し楽しむことでテンションが上がり、職場で嫌なことがあっても、気持ちに余裕がもてるようになりました。出社する頃には頭も体もすでにフル回転。朝イチからスムーズに業務に入れるのも、エクストリーム出社のメリットです。

天谷さんは椎名さんと二人で、今年8月からウェブ上に日本エクストリーム出社協会を立ち上げました。ツイッターで自分たちのエクストリーム(=過激、極端)な通勤風景を発信したところ、共感し実践する参加者が相次ぎ、9月には協会主催で「全国一斉エクストリーム出社大会」を開催するほどの広がりに。大会では、全国から100組以上の“出社ニスト”が参加し、アクティビティーの内容から移動の距離と手段、写真や文章を駆使したツイッターでの発信力などを競い合いました。

同協会の公式サイトによると、「エクストリーム出社とは、平日に現れた2時間だけの夏休みである」とのこと。仕事とのつながりや自己啓発といった要素を一切求めず、遊びに徹するのがエクストリーム出社の醍醐味(だいごみ)であり、いわゆる「朝活」との違いです。

ただし、スポーツを名乗る以上、参加者はルール厳守が絶対条件。きちんと定刻で出社するところまでが、競技としてのエクストリーム出社です。業務には絶対に影響を及ぼさない。公式ルールにも「出社が定刻に間に合わなかった場合(遅刻)は、失格となる」と明記されています。今後、ワーク・ライフ・バランスやモチベーションマネジメントの観点からも、エクストリーム出社に意義を見出す動きが広がっていくのではないでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード