企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シンソツシツギョウシャ 新卒失業者

「新卒失業者」とは、正社員として就職できない新卒者のことで、大学などの高等教育を修了しても学歴に見合った仕事が見つからず、キャリア形成のスタートラインにさえ立つことのできない若者を指します。近年は、不況による採用抑制といった一過性の要因だけでなく、グローバル競争の激化をうけた企業の厳選志向や即戦力志向、教育と雇用のミスマッチなど構造的な問題が新卒失業者の増加に拍車をかけているといわれます。
(2013/4/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒失業者のケーススタディ

団塊退職に景気回復でも若者は就職難
ファーストジョブの喪失は世界的傾向に

文部科学省の学校基本調査速報によると、2012年春の大卒者は昨年比1.2%増の55万9000人で、このうち35万7000人が就職しました。就職率は63.9%で2.3ポイント増え、2年連続でわずかながら持ち直したものの、その一方で全体の15.5%にあたる約8万6000人が就職も進学もしていません。このうち57.1%が求職中で、学びの場と職業社会のかけ橋である「ファーストジョブ」(最初の仕事)に何とかたどりつこうと苦労しています。

かつては団塊世代を含む中高年の既存社員の“数の多さ”が、若者の労働市場への参入機会を奪っているのではないかといわれてきましたが、そのベテランもいよいよ席を譲りつつあります。1947~49年に生まれた団塊世代約700万人が昨年から退職年齢にさしかかり、大量リタイアが始まりました。本来ならすでに労働力不足に陥ってもおかしくない状況であり、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると2030年には生産年齢人口が6773万人まで減少すると予測されていますが、にもかかわらず、若年層の就職難の改善はごく緩やかです。企業側にも若者の採用を急ぐ機運はいまのところ見られません。

リクルートホールディングスが4月23日に発表した2014年春卒業予定の大学生・大学院生の求人倍率は1.28倍で、13年卒の1.27倍からほぼ横ばいとなっています。また読売新聞社が国内の主要企業122社を対象に行った2014年春の採用アンケート調査では、採用数を「前年並み」と回答した企業の割合が50.8%と最も多く、次いで「減らす」(採用中止含む)が21.3%、「増やす」(採用再開含む)は昨年を下回る19.7%にとどまり、企業収益には改善の兆しが見られるものの、新卒採用には慎重な姿勢を崩していないことが明らかになりました。

団塊世代が退職し、景気が回復局面にあっても、新卒失業者数が高止まりしているのは、企業と若者自身、双方の事情によるところが大きいと考えられます。前者の要因としては、グローバル化の進行で仕事そのものが国内から失われ、新卒者の入り込む余地が激減していること、また競争に勝つために即戦力を求める機運が高まっていることなどが挙げられます。後者については、学生が大手企業や人気業種に固執して自ら就労の選択肢を狭めてしまう、雇用のミスマッチがまだ根強いようです。

いずれにせよ、こうした若者の就職難は日本にかぎらず、欧米から新興国まで広がり、世界共通の課題として認識され始めました。日本より失業率の低い韓国では、ソウル大学などの最上位校でも三人に二人しか就職できず、アメリカでも就職した新卒者のうちフルタイムのファーストジョブに就けるのは半分、残りはパートタイムで働くことを余儀なくされているという調査結果が出ています。労働市場のグローバル化がさらに進めば、こうした外国の新卒失業者が日本に職を求めて押し寄せる日もそう遠くないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
通年採用
「通年採用」とは、企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。欧米企業では当り前のことですが、日本の多くの企業の多くは、長年にわたって毎年春に新規学卒一括採用を行ってきました。変化が現れたのは、1990年代なかば頃。一部の企業が海外の大学を卒業した者や帰国子女の秋採...
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第53回 2013年 新卒採用の動向と対策(前編)
2013年の新卒採用は、日本経団連の倫理憲章によって、例年より2ヵ月遅れて2011年12月にスタートした。これにより、多くの企業が採用戦略の見直しを迫られることになった。まずは、2013年新卒採用の見通しはどうなっているのか、データを中心にその動向を見ていくこ...
2012/02/27掲載人事マネジメント解体新書
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いのだが――。
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...