無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ソシキサイシャカイカ 組織再社会化

組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動によって別の組織に参入した際に“再び社会化される”ことを指す用語です。中途採用者はこの組織再社会化のプロセスにおいて、前職で達成した課題や獲得した態度を、場合によっては白紙に戻し、その上で移動先の組織が求める課題の達成や態度の修得を目指すことになります。
(2012/12/21掲載)

組織再社会化のケーススタディ

中途採用者を苦しめる“即戦力”のラベル
雇用流動化の進行に伴い、新たな経営課題に

組織再社会化」は組織社会化を拡張した概念といわれ、現在のところ、両者の研究領域としての区別はあいまいです。平たく言うと、組織社会化は社会へ出たばかりの新入社員を、組織再社会化はキャリアのある中途採用者を組織のメンバーとしてどう適応させていくかという問題。前者をめぐってはすでに膨大な量の研究知見が存在する一方、中途採用者の組織再社会化に関する先行研究はまだ多くありません。「新卒一括採用+終身雇用」が、長く日本の雇用慣行の主流であり続けてきたためです。

しかし近年は雇用の流動化が急速に進行し、そうした前提も崩れつつあります。離職・転職はもちろん、M&Aや事業再編による人材の組織間移動も以前に比べてかなり身近なものとなってきました。雇用流動性が高く、組織間移動の激しい社会では、企業にとって中途採用者をどのようにして再社会化するかが重要な経営課題になると思われます。

この新しい領域で先駆的な研究を進めている東京大学大学院の中原淳准教授によると、中途採用者は組織を移行するにあたって、誰もが大なり小なり共通の逆境あるいは課題に直面すると言います。

逆境の第一は、「中途入社だから仕事ができてあたりまえ」という“即戦力”の社会的ラベルを付与されるため、周囲からのサポートが期待できないことです。中途採用者自身にも「前職の経験があるから、仕事はもうわかっている」という思い込みがあるため、それが新しい職場への適応を妨げかねません。加えて“即戦力”と期待された以上、極めて短期間で成果を出さなければならないという社会的プレッシャーにも晒されています。再社会化を成功させるためには、そうした逆境のなかで次の四つの課題を克服しなければならないと、中原准教授は述べています。

● 「人脈学習課題」
業務を円滑に回すために必要な組織内の“人脈”を獲得すること

● 「学習棄却課題」
以前の組織で学んだ知識やスキル、経験を必要に応じてアンラーン(学習棄却)すること

● 「評価基準・役割学習課題」
新しい職場で何を期待されているのか、何をすれば評価されるのかなどを自らリサーチすること

● 「スキル課題」
移動先の組織で業務に必要な知識やスキルを身につけること

(中原淳著『経営学習論』より)

同教授が中途採用者を対象に行った調査によると、転職先が前職と同じ職種であってもなくても、組織再参入時に直面する困難は変わらず、業務成果の達成率にもあまり違いはありませんでした。むしろ同じ職種で組織を移動したほうが、前職で培った経験や知識、仕事の進め方などを学習棄却することに抵抗感が強く、適応に苦労する傾向さえあるようです。中途採用者の円滑な“学び直し”と再社会化プロセスをどう支援していくか、会社としての取り組みが求められています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード