企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ノンバーバル コミュニケーション ノンバーバル・コミュニケーション

「ノンバーバル・コミュニケーション」(non-verbal communication)とは、言葉によらない、非言語コミュニケーションのことです。会話や文字など言語を介した通常のコミュニケーションの手法をバーバル・コミュニケーションと呼ぶのに対して、ジェスチャーや態度、表情など言語以外の要素によるメッセージのやり取りを「ノンバーバル・コミュニケーション」と呼びます。

ノンバーバル・コミュニケーションのケーススタディ

コミュニケーション上手は言葉だけに頼らない
非言語のメッセージが人の印象の9割を決める

「目は口ほどにものをいう」「顔に書いてある」などとよく言われるように、私たちは、言葉以外の方法で多くのメッセージを伝えあっています。そうしたノンバーバル・コミュニケーションの種類には、上述のジェスチャーや態度、表情だけでなく、声のトーンや大きさ、話すスピードや滑らかさ、服装、髪型、匂いなど、お互いの五感に訴えるあらゆる要素が含まれます。

例えば、大人が小さな子どもに対してどう接するか。話の中身を分かりやすくするなど言語の部分で伝える工夫をするだけでなく、誰もが自然と相手にあわせて、子どもっぽい高いトーンで話したり、身振り手振りをまじえたり、あるいは首を傾けて笑いかけたりするなど、子どもとの非言語の共通点を創りだして、距離を縮めようとするでしょう。また高齢者が相手なら、無意識のうちに、優しい声色と落ち着いたトーンでゆったり話そうとするはずです。一般にコミュニケーション能力が高いといわれる人は、会話の中身とは別に、こうしたノンバーバル=非言語の部分でのアピールにも長けているとされています。

ノンバーバル・コミュニケーションの重要性を語るとき、よく挙げられるのがアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが1971年に提唱した「メラビアンの法則」です。メラビアン博士は、話し手が感情や態度と矛盾するメッセージを発した時、話し手の振舞いが聞き手の受け止め方にどのように影響を及ぼすかを実験で測定しました。その結果は次の通りで、話し手の印象は言語情報以外のノンバーバルな要素で9割がた決まってしまうことが分かったのです。

● 視覚情報(しぐさ、表情、視線、容姿、身だしなみなど) ・・・55%
● 聴覚情報(声の高低や大小、話の速さやテンポなど)  ・・・38%
● 言語情報(話す言葉そのものの意味や内容)       ・・・ 7%

要するに人が人を、話している言葉そのもので判断する部分は1割にも満たないというわけです。ただしこのメラビアンの法則を導き出した実験は、あくまでも“感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたとき”という限られた条件下で人の受け止め方を測定したもの。これをもってコミュニケーション全般に適用し、「人は見た目が大切」「話の内容より、話し方やボディーランゲージが大事」といった言説にまで展開するのは拡大解釈が過ぎると言わざるを得ません。

とはいえ普段の職場でも、“感情や態度について矛盾したメッセージ”が発せられることは意外と少なくないでしょう。例えば「大丈夫です」「おまかせください」と言葉自体は強気でも、そう言う相手の声が小さかったり、表情がどことなく不安げだったり――こういう場合、言語的には自信満々の印象でも、非言語的には「自信がない」と伝わってしまうので、受け手はどうしても相手の言葉を信じきれず、コミュニケーション不全に陥りがちです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ラポール
「ラポール」とは関係性の状態を表す心理学用語で、互いを信頼し合い、無意識に感情の交流が自由にできるほど心理的安全性がある状態のことを指します。フランス語の「rapport」が語源で「架け橋」などの意味を持ちます。もとはセラピストとクライアントの関係性を表す言葉でしたが、現在はさらに広く人間関係を表す...
インナーコミュニケーション
「インナーコミュニケーション」とは、社内における情報伝達のことをいいます。会議や打ち合わせ、通達、社内報、社内イベント、会話など、社内で繰り広げられるコミュニケーションを総称したもので、社内広報と呼ばれることもあります。近年、インナーコミュニケーションは従業員間で自然に起こるものではなく、組織が設計...
ポライトネス理論
「ポライトネス理論」とは、英単語の「ポライトネス(Politeness)」が意味する一般的な「丁寧さ」のことではなく、人間関係の距離を調整するための言語的な配慮のことをいいます。アメリカの言語学者であるペネロペ・ブラウンと、イギリスの社会科学者スティーヴン・レビンソンによって提唱されました。日本では...

関連する記事

5. コミュニケーション研修の企画・導入のポイント
コミュニケーション研修を企画・導入する際、より効果を高めるためのポイントを整理。課題と目的を受講者と共有する。導入した研修を常に改善する。外部の専門家を活用する。ここにあげた注意点をもとに、研修内容をチェックするといいだろう。
2012/11/29掲載よくわかる講座
1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
2. コミュニケーションをめぐる近年の傾向
企業におけるコミュニケーションの現状と課題について、アンケート結果をもとに考察する。およそ3社に2社が、組織内コミュニケーションに課題を抱えている。その背景にある対面コミュニケーションの機会の減少についても触れる。
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

言語教育制度の件
英語を含めた言語教育の実施を検討しております。 現在は講師を呼んで社員に受講させることを検討しております。 他に、言語教育の実施方法と致しましては、どのような方法がありますでしょうか。また、受講対象をどのようにするかも頭を悩ませております。お知恵を頂戴できますか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....