企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ソーシャルラーニング ソーシャルラーニング

「ソーシャルラーニング」とは、TwitterやFacebookなどのSNSや、ブログ、YouTube、Q&Aサイトといったソーシャルメディアを学びのツールとして活用する学習システムの総称です。教える側と教えられる側の役割を明確化・固定化した一方的な教育ではなく、参加者同士がネットワークを通じてインタラクティブに教え合い、学び合う形態が特徴。企業においては、一人ひとりの社員が組織の中で、あるいは組織を超えて互いに知をシェア(共有)することにより、イノベーションの創出やパフォーマンスの改善が促されます。
(2012/2/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルラーニングのケーススタディ

ネットワークを活かして知のコラボレーション
「何を学ぶか」より「どう学ぶか」を大切に

ソーシャルメディアの出現、普及に伴って、先進企業の多くがこれをマーケティングやコミュニケーションの新しい手法として導入したのはごく自然な成り行きでした。最近はさらに自社の組織開発や人材育成にも役立てようと、急成長を続けるソーシャルメディアを教育・学習のツールとして活用。「ソーシャルラーニング」という個人と組織の“学び合い”のしくみを、競争力の源泉とする企業が増えています。

特に“ソーシャル先進国”のアメリカでは、成功事例に事欠きません。たとえばグーグルでは、社員一人ひとりがイノベーションへの貢献者であることを求め、全社員向けのイントラネット上で、新しい製品・サービスや会社の改善に関するアイデアを投稿できるようにしています。同社の世界中の社員がそのページを閲覧し意見を交わすことで、アイデアはより効率的にブラッシュアップされ、製品化・事業化へと近づくのです。またインテルでは、2007年にあるエンジニアが「社内にWikipediaのようなものがあればいいのでは」と提案。実際にオープンソースのソフトウェアを使ってプラットフォームを作り始めたところ、他の社員にも草の根的に広がり、膨大な情報量の共有と活用を可能にする社内百科事典――「インテルペディア」が作成されました。

職場での学習は、大きく、フォーマルラーニングとインフォーマルラーニングに分けられます。前者は、会社によって提供された研修プログラムやセミナーなどに参加し、専門のトレーナーからきちんと系統立てて作成されたコンテンツを指導してもらうという学び方です。そうしたオフィシャルな学習機会とは別に、何か分からないことがあったら同僚に聞いてみたり、先輩のやり方を観察したり、あるいは休憩中に周囲と仕事のことについてディスカッションをしてみたり、誰もが職場で日常的に行っている何気ない学びの習慣をインフォーマルラーニングと呼びます。前者が“上”から指示されて学ぶことが多いのに対し、後者では自分が学びたいから、知りたいからということが学習の動機となります。

ソーシャルラーニングは、このインフォーマルラーニングの範ちゅうに属する学び方で、とりわけ参加者全員の共有とコラボレーションを学習の前提としています。各自が課題やアイデアをすすんで持ち寄り、お互いに評価したり刺激しあったりするなど、ネットワーク上で“わいわいがやがや”話し合いながら学んでいくわけです。その過程で、個人は自立性や自律性、相手の個性を尊重する柔軟性を養い、コラボレーションに欠かせないソーシャルスキルやコミュニケーションスキルを身につけていくのです。

いいかえるとソーシャルラーニングでは、「何を学ぶか」よりも「どう学ぶか」が大切――従来の教育のようにコンテンツの内容ばかりが問われるのではなく、それを理解するための学びの過程そのものに価値を置いた学び方だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

インフォーマル・ラーニング
直訳すると「非公式な学習」。会社であらかじめ設定され、計画的に提供される社内研修や講習会、ワークショップなどの「フォーマル・ラーニング」(公式な学習)に対して、「インフォーマル・ラーニング」とは個人で学ぶ学習のことです。当面の課題に必要な知識や情報を自主的に調べたり、日常業務の中で社員同士が教え合...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...
マイクロラーニング
社員をどのように育成していくかは、人材開発担当者にとって重要課題の一つです。これまでに多くの人材育成方法が考えられてきましたが、若い世代の志向に合う方法として近年注目されているのが「マイクロラーニング」です。

関連する記事

近年の新入社員教育(研修)の傾向と課題
ここでは、新入社員の気質、経営環境の変化に対応した新入社員教育の必要性、採用活動から配属後フォローまで一貫した体制作り、など近年の新入社員教育(研修)傾向と課題を整理する。
2016/03/30掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
オバタカズユキさん 企業の「社風」はどこから生まれるのか 
求職者が会社と性格の不一致を起こさないようにするためには、あらかじめ「社風」を知っておく必要がありますが、なかなか外部からはうかがい知ることができません。何かいい方法はないか? そもそも企業の「社風」はどこから生まれてくるものなのか? 企業は自分で自分の「社風...
2005/01/31掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 三井不動産ビルマネジメント(株)

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...