企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】レンケツジンザイ 連結人材

「連結人材」とは、企業グループが人材を連結ベースで有効活用するしくみのことです。プロジェクトごとに最適の人材を集められるよう、経歴や資格などの人材情報を本社のみならず子会社やグループ会社など連結子会社まで含めたグローバル規模でデータベース化し、管理する手法を指します。組織の枠を超えて有用な人材を共有、機動的に登用して、グループ全体の競争力強化を図るねらいがあります。
(2011/12/12掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連結人材のケーススタディ

連結・グローバルベースで適材適所を
急がれる人材管理システムの統一

国際競争が激化する中、組織や地域の壁を超えた連結・グローバルベースでの“適材適所”を促進する、柔軟な体制づくりが求められています。日立製作所では2004年、日立グループ各社が募集するテーマに対して、他のグループ社員が応募することを可能にする「グループ公募」制度を導入しました。これは、人材を必要とする参加会社の各事業部門が求める人材像を公表し、各社の社員が自分の意思によって応募、一定の選考を経て異動するものです。会社の枠を超えた人材活性化や人材の適正配置を図るための施策であり、連結ベースの経営改革の一環として推進されました。

しかし、同グループの場合、有力な各子会社の独立性が強く、これまではそれがグループ横断的な適材適所を妨げる要因にもなっていたといいます。社員一人ひとりの自発性に頼っていては乗り越えられないこうした人事の垣根を取り払うべく、日立では11年7月に「グローバル人財本部」を新設。国内外のすべての連結対象子会社約900社の従業員約36万人を対象とする人事データベースを構築し、所属部署や職位、資格などの人事情報を一元的に管理すると発表しました。この36万人から適材を選び、海外のインフラプロジェクトなど有望事業に重点投入するのがねらいで、そのために管理職以上の評価基準も統一し、世界共通の格付けを導入します。

従来の輸出入業務に加えて、投資、生産、流通など業態の多様化が進む商社でも、国内の本社や海外支店だけでなく、海外子会社など事業投資先を含めた連結ベースでの人材開発に軸足を移す動きが目立ってきました。三菱商事はグループ全体で約6万人の人材を擁しますが、そのうち5万人近くが海外子会社など事業投資先のスタッフです。人員の大半を占める事業投資先を含めた連結ベースで幹部人材の育成・活用を進めなければ、国際競争に勝ち残れないとの認識から、同社では、90年代まで日本本社や海外支店の社員に限っていたマネジメントセミナーの参加対象を、05年から事業投資先のスタッフにまで拡大しました。現在では、受講者の半分を連結先のスタッフが占めているといいます。

もっとも世界の情勢と比較すると、人材のグローバル活用を進める日本企業の取り組みは決して先んじているとはいえません。例えばヒューレット・パッカードでは02年から改革に取り組み、人事データの共有・可視化に踏み切りました。世界中どこからでも、全社員の経歴から職位、専門分野、報酬まで把握できるしくみを作りあげたのです。給与水準を世界共通にし、業務と給与を連動させてグローバル人事を展開している例も、欧米のグローバル企業では珍しくありません。ところが日本では、前述の三菱商事でさえ、今後の事業収益の柱と見込む海外の連結先に対して、「人材の管理は子会社の中でしかやっていない。三菱商事本体ではデータ管理すらしていません」(藤田潔人事部長、リクルートワークス研究所HP「2020年の人事」より)というのが現状で、連結先を含めたグローバルな人材管理の推進は今後の課題となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ブリッジ人材
「ブリッジ人材」とは、言語や文化の異なる海外法人・外国人との間で商取引や交流をする際に、コミュニケーションを円滑にする役割を担う人材のことをいいます。ブリッジ人材は通訳だけでなく、まったく違ったビジネス慣習がある国や地域同士が円滑に取引を進められるよう、双方の認識を擦り合わせることが仕事です。(20...
エグゼクティブ・サーチ
エグゼクティブ・サーチ(executive search)とは、経営幹部を採用する際に、現職で活躍している有能な人材を社外から探し出す採用手法のこと。企業から依頼を受け、採用活動を行う会社のことをエグゼクティブ・サーチ・ファームといいます。
グローバル人事
「グローバル人事」とは、海外事業を展開する企業がグローバル連結ベースでの業績、成果を最大化することを目的に導入する人材マネジメントの取り組みです。本社、エリア、現地がそれぞれの役割や人事機能を明確にし、国境を越えた人材の登用、交流、育成、処遇などのしくみを構築することが求められます。

関連する記事

研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
中原 孝子さん~日本の「人材開発担当者」に足りないものとは ~人材開発のプロになるために~
ASTD(American Society for Training & Development=米国人材開発機構)は、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く世界最大の人材開発・パフォーマンスに関する会員制組織です。日本企業の人材開発部門は、海外と比較...
2012/02/20掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第89回 長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【前編】
企業間競争が激しさを増す中、企業には自社固有の経験と高い能力を持った人材、いわゆる「コア人材」の確保・育成が求められている。実際、さまざまな企業がそのために施策に取り組んでいるが、早期登用や外部採用などではなく、長期雇用を前提としたコア人材の確保・育成や、キャ...
2015/12/07掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
危機管理(リスク管理)
危機管理が叫ばれていますが、人事部としてどこにポイントをおいて、人事部全体の危機管理をしていけば教えてください。
海外人事管理にかんして
海外人事に関する情報を集めたいのですが何かいい書籍と情報を提供している官公署ありましたら教えてください。特にアメリカは急ぎで調べたいのですが。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。



次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...