無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】プロセスヒョウカ プロセス評価

「プロセス評価」とは、人事考課の手法のひとつ。仕事の遂行度や目標達成度など、課された業務の成果のみを評価要素として見る業績評価に対して、成果に至るまでの“過程”(プロセス)に着目し、そこにどのような価値が存在したかという視点から判断するのがプロセス評価の考え方です。人材育成にも有効とされる評価法で、近年は行き過ぎた成果主義の影響を是正するために重要視されています。
(2011/5/30掲載)

プロセス評価のケーススタディ

7割以上の企業が結果よりプロセス重視
“成果を生み続ける人材”を育てるために

プロセス評価を導入するためには、「成果につながるプロセス」とはどのようなものか――評価の基準を設計しなければなりません。その上で従業員の実際の仕事ぶりが、その標準化されたプロセスにどれだけ沿っているかを定量的に把握し、考課に反映させていくのがプロセス評価のしくみです。従来の能力評価や情意評価もこのプロセス評価のひとつですが、最近では代表的な評価法として、コンピテンシー評価がよく活用されています。

能力評価では成果を出すために必要な「能力」が、情意評価では「意欲や姿勢」が評価されますが、コンピテンシー評価ではプロセスにおいて社員がどう振る舞ったか、実際の「行動」のみが評価の対象となります。職種や業務内容に応じて会社が社員に期待する「あるべき人材の姿」(コンピテンシー=行動特性)を評価基準に定め、それと各社員が業務遂行過程でとった行動とを比較することで、人材の的確な評価につなげようとするものです。

企業活動には当然のことですが、成果が求められます。とすれば、たまたま目先の成果をあげた人材よりも、将来にわたって継続的に成果を生み出せる人材が必要なのは自明でしょう。たとえば営業部員の場合、販売実績のような数字だけで評価したのでは、誰が売れて、誰が売れなかったのかという結果しかわかりません。コンピテンシー評価に代表されるプロセス評価を活用すれば、なぜそうなったのか、誰にどんな能力が不足しているのかを把握して、一人ひとりの営業プロセスの改善に役立てることができるので、具体的な人材開発にも結びつきやすいのです。

2011年5月に労務行政研究所が発表した「人事考課制度に関する実態調査」の結果では、06年以降に何らかの人事考課制度に関する改定を実施した企業は調査対象企業の約半数(一般社員で47.8%、管理職で51.7%)に達し、その改定内容をみると、結果主義からプロセス主義へ――自社の評価制度を見直す動きが顕著に表れています。

「成果につながる行動や業務遂行プロセスに着眼した評価要素・項目の設定」を現在実施している企業は一般社員で73.9%、管理職で73.3%。これは前回調査(06年)より約10ポイントも増加しています。また今後の動向としてとくに目立つのは、「企業理念や社員の行動指針と連動した評価(バリュー評価)」「企業倫理や法令の遵守など、コンプライアンスの着眼点に基づく考課項目の設定」といった施策への関心度の高さで、それぞれ15~17%の企業が実施を予定・検討と答えています。職務遂行過程での社員の行動プロセスを適切に評価することで、企業の理念や求める人材像を組織に浸透させたり、内部統制を確実なものにしたりすることが求められているのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード